ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 真紅、桜との思い出

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

暗い夜道、そこを一人の女性があるいている。
しばらく歩くと真っ赤な服をきた女性は道沿いの桜をみあげる。
真紅「そういえば昔ここで水銀燈とつまらないことではりあったのだわ。」
そしてその女性は何かを懐かしむようにじっと桜のきをみつめる。

そう遠くはなく近くも無い過去、道沿いの桜のしたで二人の女子高生が口論を
していた。
水銀燈「あらぁこんなこともできないのぉ?」
銀色の髪の女が桜のきを指差しながら得意げに言う。
真紅「できるのだわ。それくらい、お茶の子さいさいなのだわ。」
そう切り返す赤い服の女。
水銀燈「じゃあ競争よぉ。」
真紅「望むところなのだわ。」
そう言い終わるのと同時に桜の木の反対側に立つ二人。
水銀燈「じゃあまず私からねぇ。」
そういって木に上り始める銀色の髪の女。

そのスピードは早くまるでサルのようにのぼっていく。
あっという間に頂上までついてしまった。
水銀燈「貴方にこの早さがだせるかしらぁ?」
と下を向いて挑発する銀色の髪の女。だが、下には赤い服の女だけでは
無くたまたまその道を歩いていた男子生徒も何人か混ざっていた。
男子生徒A「おお、水銀燈先輩のパンツ丸見えだったぜ。」
男子生徒B「見た見た。もう最高。」
と盛り上がるギャラリー、対して耳まで真っ赤にして恥ずかしがる木の上の
女。その女にとどめとばかりに言葉が飛んでくる。
真紅「生き恥さらしてなにやってるのだわ。この勝負私の勝ちなのだわ。」
そう決め付けるとその場からさる赤い服の女。
その場所には男子生徒と木の上の女だけが残された。

時は戻って現在
真紅「あのときは流石に悪いことをしたのだわ。」
赤い服の女はそういうと一人桜の木の横に立った。

終わり