ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 今思った

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その1:・・・・・・・あっ

ジュン「ねぇ、校長。」
ローゼン「ん~なんだい?桜田くん~」
ジュン「今思ったんですけど、この学園の先生に・・・・・・美術担当っているんですか?」
ローゼン「・・・・・・・・・・・・・・・・・・あっ」
ジュン「忘れていたのね・・・・・・・・」

その2:噂
職員室では、ある話になっていた・・・・・・・

蒼星石「ねぇ、その話し本当かい?」
翠星石「本当ですぅ~さっき、校長が話ししていたのを、聞いたんですぅ~」
真紅「?何の話?」
蒼星石「翠星石が聞いた話だと、明日から、新しい先生が来るらしいんだ」
水銀燈「へぇ~新しい教員が来るんだぁ~」
真紅「けど、この学園に来ると・・・・・・・・・・」
水銀燈「恐いもの知らずね・・・・・・・・・・・」
真紅「っと、言うより・・・・・・命知らずだわ」
蒼星石「いや、なんだか・・・・・・・この学園が危険校のように、聞こえてくるんだけど・・・・・・」

その3:美術担当、登場!!
翌日の職員室。教員達は、ある話をしていた

真紅「2日に千!」
水銀燈「半日に、5千よ!」
蒼星石「って。今度は、何の話しているの?」
雪華綺晶「今日来る、先生がいつ頃。辞めるかって、その賭けをしているの」
蒼星石「・・・・・・・・・・・・」

その時、ローゼン登場。
ローゼン「いや~皆。おはよう~~早速だけど、今から今日来た、先生の紹介をするね~どうぞ~」
そして、扉から入ってきたのは・・・・・・・・・・
一同「・・・・・・・・・・・・・・・・(仰天)」
くんくん「美術担当の、くんくんです。よろしくお願いします!」
真紅・水銀燈「こちらこそ、よろしくお願いします!!そして、これからずーっと居てください!!」
一同「ええええーーーっ!?」

その4:生徒達は思った・・・・・・・・・
朝礼。
ローゼン「っと、そう言う事で。美術担当は、くんくん君になったので、皆よろしくね」
真紅・水銀燈「いい!?くんくんに迷惑かけたら、あんた達。ぶっ殺す!!」
生徒一同「はい!!」
ジュン「くっ・・・・・・いくらなんでも、アレは無しだろ!?」
男子U「落ち着け、桜田!今に始まった事じゃないだろ」
女子A「そうよね・・・・・・教頭が、うさぎの時点で、この学園終わっているわ。」
ジュン「ウサギの教頭に、犬の教員・・・・・・。もしかして、今度の新入生は、ゴリラか?ロボットか?それとも・・・・・・」
一同「待てっ!!シャレにならないかも、知れないからこれ以上言うな!!」
ジュン「更に言うが、俺たちはいつ。進級するんだ!?そして、卒業式してないし!!」
一同「・・・・・・・・・・・・・・・あっ」

その5:教員達も思った・・・・・・・・・・
真紅「くんくんも加わって、有栖学園の教員は、9人になったわ」
翠星石「ホントですぅ~これで、楽しくなったですぅ~」
雛苺「楽しみなの~」
薔薇水晶「今思ったら、今年も誰も移動しなかったね」
金糸雀「もし、誰が移動したら、この話し自体、無くなってしまうのかしら!!」
薔薇水晶「うん、確かに」
雪華綺晶「それに、有栖学園=危険校だから。教員も危険って、思っているのよ」
水銀燈「まぁ~確かに~」
一同「アハハハハハ~~~」
蒼星石「笑えないんだけど!!」

終了