ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 翠星石の物理

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

生徒A「先生。言葉で言われても全然わかりません。」
Aが元気よく手を上げながら言う。周りから俺も俺もーという言葉があがる。
翠星石「しょうがねえです。理解の悪い人間のために図かいてやるですぅ。」
と言いながら黒板に向かい図を描く。
だが、
生徒B「先生絵下手すぎー。」
生徒C「まじで何かいてるかわからねえ。」
と後ろから声が飛んできた。
それもそのはず、黒板に翠星石の書いた図は幼稚園児の絵以下だった。
翠星石「文句いうなです。書いてやってるだけで満足するです。」
と言いつつ黒板の図を消しまた書き直すが、前のと大差がない。
当然後ろからさらに囃し立てる声が聞こえてくる。
その声に翠星石は
翠星石「だまるですぅ!もうこうなったら実演してやるですぅ。」
と言いながら教室をでていった。
そして数分後雛苺を連れてもどってきたのである。
そして窓の方に行き勢いよく窓をあけると
翠星石「ここから雛苺を落とすからそれをよくみとくですぅ。」
と雛苺を抱きかかえる。
雛苺「やめてなのー。死んじゃうのー。」
と当然ながら必死に抵抗する雛苺。
それを生徒を止めに入ったのは言うまでもない。
ちなみに、その後生徒は文句も言わず授業を聞くようになったそうだ。