ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 逃亡~誰が助けてぇ~

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その1:私は巨乳女王になる!!(by真紅)いや、無理だろ(byジュン)
生徒指導室で、見慣れた金髪女性と眼鏡の少年が居た。

真紅「私は真紅。有栖学園一の・・・・・」
ジュン「貧乳女王」
真紅「そう。学園一の貧乳女王・・・・・・って、違―――う!!巨乳女王よ!」
ジュン「うそ言え!!あんた、雛苺先生や金糸雀先生より、ぺちゃぱいだろ!?」
ばきっ!(ジュンを殴る)
真紅「私はアレから、一週間。金糸雀が私の為に「胸をぼぃ~んにして、水銀燈以上の巨乳になってやる薬!!」が、今日。出来ているのだわ!」
ジュン「いててて・・・。って・・・・・・もう居ない・・・・」

職員室に到着した、二人は・・・・・・・
真紅「・・・・・・・・・・」
ジュン「誰も居ないな」
真紅の目の前には、誰も居ない職員室。そして、真紅の机には・・・・・手紙の山が置いてあった・・・・・・・
「旅に出ます。探さないで下さい。by金糸雀」
「美味しいうにゅーを、探しに行くの~探さないでね。by雛苺」
「翠星石と新しい人生を始めます。探さないでね。by蒼星石」
「蒼星石と第二の人生を始めます。探すなですぅ!by翠星石」
「新しい戦場を探す為、旅に出ます。by雪華綺晶」
「えっ・・・・・と、ごめんね。by薔薇水晶」
「頑張ってね、貧乳女王様~by水銀燈」
真紅「・・・・・・・・・・・・ぶっ殺す!!」

怒りに燃える真紅・・・。その場に居た、ジュンはこう思った・・・・・
「薬・・・・・結局、完成できなかったんだな・・・・」っと。

その2:逃亡犯は、廃止工場で一緒でした

翠星石「結局。みんなも、ここに隠れて居のですね」
水銀燈「しょうがないでしょ~金糸雀が完成させて、くれなかったんだから~」
金糸雀「カナのせいにしないで、ほしいのかしら!一応出来ているけど・・・・・」
蒼星石「けど、みんなで逃亡は不味かったかな?」
雪華綺晶「いいや。あの場で残っていたら、確実に血ダルマになっているだろう・・・・・」
雛苺「やなのー血ダルマは~~~」
薔薇水晶「ねぇ・・・・・・・・上から何か聞こえない?」
一同「?」
その時。突如屋上から、舞い降りた・・・・・・見慣れた眼鏡の少年と射撃部の生徒。そして、虚空から突如現われた。鬼神のような殺気・・・・・・
真紅「あの世で詫びろぉぉぉぉーーーーーー!!」
一同「!!!!!??!」
と、射撃部と真紅にあっけなく捕まる、教員達だった。

その3:やったー!大きくなったー!!(by真紅・心からの本音)
真紅「さて・・・・・・金糸雀先生。どうして、逃げたのかなぁ~」(目が笑っていない。)
金糸雀「え・・・・・っと・・・・・その・・・・・」
真紅「さあ・・・・・・・・・・」
翠星石「やい!真紅!!それ以上、ぎゃーぎゃー言っていると、おめぇーの胸を鷲掴みにして、その胸を無い乳にしてやるですぅ!」
一同「あっ」
真紅「ふふふふふふ・・・・・・」(満面の微笑)

              • 暗転・・・・・・・・

金糸雀「け・・・・・けどね、真紅。薬は一応、完成しているのかしら!」
真紅「なら、寄こしなさい」
金糸雀「けど・・・・・・これ、実験してないし・・・・・・」
真紅「金糸雀・・・・・・・イッペン、死ンデミル?」(笑顔で言う)
金糸雀「いいえ。どうぞお受け取り下さい。」
真紅「フフフフ・・・・・・おほほほほほ~~~~~!」(壊れた)

ジュン「壊れた」
水銀燈「壊れたわね」
雛苺「怖いの・・・・・・」
雪華綺晶「再起不能に、壊れたね」
薔薇水晶「ねぇ・・・・・今から、退職届と遺言書いても、良い?」
蒼星石「翠星石・・・・・・君の骨は拾ってあげるからね。」
翠星石「殺すなですぅ! ちゃーんと生きてるですぅ!! ・・・でも痛いのですぅ・・・」

翌日の学園で・・・・・・・(翠星石・入院中。金糸雀・現在行方不明)
真紅「・・・・・・・・・・・・・(涙)」
一同「・・・・・・・・・・・・・(唖然)」

真紅は確かに、胸は大きくなった・・・・・・・・が
一同「(垂れ乳だぁ・・・・・・・・・・・)」
真紅「あ・・・・・ははは・・・・・・・・(ばたん)」(←倒れた)
真紅の胸は大きく、垂れ乳になってしまった。それから、一ヶ月。真紅は寝込んだという。