ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 零下の檻

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

始業式も終わり、今日から初授業である。
しかし。
真紅「……なぜ四月に吹雪いてるの?」
水銀燈「前が見えないわぁ……」

2人は道路の真ん中で立ち往生していた。
急な寒波で雪が降り出し、あっという間に吹雪いてしまったのだ。


「……はい、申し訳ありません……え?今日は閉鎖?……わかりました。
 一応雪が止み次第、日直で出勤しますわ。それでは。
 ……水銀燈、どうやら遅刻にはならないのだわ」
「……ん?学級閉鎖ですってぇ?丁度いいじゃない。そのまま帰りましょお?」
「帰ることができたら帰りなさい。絶対に無理だわ」

もう既に雪は膝元くらいまで積もっている。

……数時間経過。雪はもはや腰まで積もっている。
「……何よ何よ何よ、こんな缶詰、つまんなぁい」
水銀燈が言うのも無理はない。
ラジオは気象情報ばかり、エアコンもこの状態では役に立たない。
「ねぇ真紅、あなたのほうはどうなのよ?」
お互いやる事もなくやれる事もなく、事あるごとに電話で連絡をしあってた2人。

しかし。
「真紅?ねえ真紅?」
急に電話が通じなくなった。


「ちょっと真紅ぅ?あんたもしかして電話の電池が切れたの?」
ふと前の車両……真紅の車を見ると。
さっきまで見えていた真紅の頭が見えない。

「ちょっと真紅ぅ!あんたまさかこんな中で寝ちゃったんじゃ……真紅!」
あわてて外に出ようとする水銀燈。しかし、
「あぁもう!この雪邪魔ぁ!」
積もり積もった雪が扉をさえぎってしまっているではないか。
こんなことならランボルギーニ・ディアブロにすればよかった!そう思っても後の祭り。
「…・・・そうよ、雪華綺晶に連絡すればいいじゃなぁい?私って頭いいわぁ。
 ……もしもしぃ、雪華綺晶?……かくかくじかじかなでぇ……」
しかし。
「三十分?もう少し早くなんないのぉ?」
既に他の教員や生徒の救出作業に従事しているらしく、早くてもあとそれくらいかかるという。

……。
「ま、まぁ、あのお馬鹿さんがこのまま逝っちゃっても、口うるさいのが減るだけかしらぁ?
 胸がどうとかいわれなくてすむしぃ、くんくんグッズのライバルは減るしぃ……」
そう一人ごちた数瞬後。

「ああもう!この窓狭いじゃないの!」
なんと車の窓を開け、そこから車外に出ようとするではないか!
「うううううううう!!寒い!寒い寒…・・・じゃなくてぇ!」
思わず車に戻りそうになるが、すぐに思い直して必死に脱出を試みる水銀燈。
「真紅だったら、こんな窓でも十分通れるでしょうけどぉ・・・・・・」
胸が窓に閊えて数分の苦闘の末、何とか脱出した。
そのまま真紅の車まで雪を掻き分け寄ると。
「ああもう!真紅!真紅!返事なさい!真紅っ!」
ドアをしきりに叩く水銀燈。


すると?
「(ウィーン)あら水銀燈?そんなに雪まみれでどうしたの?」
普通に窓から顔を出した真紅。
「……あ、あれ?真紅あなた、気を失ってたんじゃ……ない……の?」
ふと車内を見ると。

持参していたらしい毛布に包まって、ポットからの紅茶を片手に、
携帯電話のTV機能で「くんくん探偵」の再放送を見ていたらしい真紅の姿があった。
とても快適そうである。

「まったく。あなたの様な常識知らずのせいで折角の
 くんくんの推理のシーンを見逃してしまうのだわ」

……。

真紅がTV画面に視線を移した直後。
「こ~の~!馬鹿真紅!!」
両手いっぱいの雪玉を車の中に放り込んだ。

そして数十分後。
雪華綺晶のヘリが救援に駆けつけたとき、
雪合戦と吹雪の影響でお互い真っ白な雪ダルマになった2人がいた。

翌日、二人は仲良く?風邪を引いた。