ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 真紅と女子生徒と恋

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

授業を終え、職員室に帰る途中の真紅に女子生徒の会話が耳に入った。
「やっぱり真紅先生が良い・・・」
「そう?私は応援してるわね」
真紅の頭に一つの言葉が浮かんでくる。
恋という一つの単語、学生にとって、将来の人格を形成するのに必要なもの。
誰もが学生時代におそらく恋をするだろう、しかし、相手が教師となれば話は別だ。
教師と生徒、その関係では結ばれるものも結ばれない。
真紅はどうやって断ろうかと、考えながら家路へ着く。
毎週楽しみにしていたくんくんも全く目に入っていないようだ。
「もう終わってしまったの・・・?」
気がつけば、くんくんは既に犯人を追い詰め、自白のシーンになっている。
くんくんの活躍しない自白シーンは面白くなかったので真紅は適当にご飯を食べ、そのままお風呂に入った。
湯船に浸かりながらも、学園での出来事を思い出す真紅。
「相手を傷つけずに断る方法なんてわからないのだわ・・・」
いつまで経っても考えはまとまらず、真紅はお風呂を上がる。
時刻を見た真紅はとても驚いた。
「0時なのだわ・・・」
8時頃からお風呂に入っていた真紅。
4時間もの間、真紅はお風呂の中で考え事をしていたのだ。
そう思うと、体が自覚したのか、妙に頭がクラクラする真紅。
真紅はそのままベットに倒れこみ、死ぬように眠ってしまう。

次の日・・・
「気付いたら朝になっていたのだわ・・・」
適当に朝ごはんを食べ、準備をし、有栖学園へ向かう。
途中、昨日の女子生徒を見かけ、少し顔が赤くなる真紅。
職員室に着いた時にもまだ顔が赤かったらしく、蒼星石に風邪ですか?と聞かれてしまう。
「ち、違うのだわ・・・」
それだけを言い残し、真紅はその場を走り去り、そのまま屋上へ向かった。
屋上で涼みながら登校してくる生徒達を眺める真紅。
いつの間にかあの女子生徒を探している自分がいたことに気付く。
結局女子生徒を見つけられないまま予鈴がなり、慌てて自分の教室へと向かった。

放課後・・・
前日は早めに帰ってしまったのでいつもより仕事の量が多く、7時頃まで仕事をしていた真紅。
ちなみにこの時間まで仕事をしているのは蒼星石やラプラスぐらいのものだ。
帰る支度をしていると、あの女子生徒が職員室に入ってきた。
「あ、あの・・・真紅先生、ちょっと・・・いいですか?」
顔を赤らめ、もじもじしながらそう言ってくる女子生徒。
それを断ることは真紅には出来なかった。
(ついに告白がくるのだわ・・・どうやって断われば良いのだわ・・・)
そのまま屋上に向かう二人。
屋上で向き合う二人、女子生徒が先に口を開いた。
「先生は・・・好きな人がいたらどうしますか・・・?」
いきなり告白がくると思っていた真紅は少しビックリするが、特に気にする様子もなく、その質問に返答する。
「相手に気持ちを伝える事だわ、たとえ玉砕したとしても、伝えないよりはマシだわ」
答えを用意していたわけではないのだが、自然と答えが出てくる。
「そうですよね、私、馬鹿みたいに悩んじゃってたみたいです、答えはそんなに簡単なのに・・・」
胸に手を当て、微笑む女子生徒。
恋する女性は綺麗になるというのもあながち間違いではない、と真紅は思った。
「真紅先生・・・」
ついに来たと思った、これから断ると思うと、少し胸が痛む真紅。
「ありがとうございます!私、先生に相談して良かったです!」
そう言って女子生徒は走り去っていった。
「え?一体何が何やらわからないのだわ・・・」
その後、職員室に戻った真紅は、蒼星石に告白する女子生徒の姿を見たそうだ。