ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 変わらぬ日々

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私立有栖学園の校長・・・ローゼン、彼は変人でもあり奇人でもある、しかし彼の本当のやさしさを知る者は少ない
一方私立有栖学園の教師の一人水銀燈、彼女も悪く言えば変人でも奇人でもあるが、根は優しい先生である

○月×日 雨
水銀燈「なによぉ~・・・そんなに怒らなくてもいいじゃなぁ~い」
水銀燈の声が職員室に響き渡る・・・しかし
真紅「許すものですか!くんくん人形を返しなさい!」
翠星石「おめぇ~のした事は重罪ですぅ~、いい加減謝りやがれですぅ!」
蒼星石「悪いけど、今回は許しがたいな、僕の帽子弁償だけでは済まないよ?」
金糸雀「よくもカナのバイオリンを壊してくれたかしらー?」
雛苺「うにゅ~を返すのー!」
雪華綺晶「戦車を破壊して許されると思っているのか!」
この場に居る教師全員が敵であった・・・それもいつもなら仲介に出てくる蒼星石や揉み消してくれる雛苺に金糸雀まで
そう、水銀燈は今完全に孤立していた・・・
水銀燈「な・・なによぉ、皆して虐めなくてもいいじゃなぁ~い・・・」
若干反省したのかいつもの甘ったるい口調ではなく少々の怯えが混ざる
しかし他の教師の猛攻は続き・・・・
真紅「いい加減にしてよね?この脳みそジャンク!」
翠星石「食材を無駄にするなんて人間として風上にも置けないですぅ!」
蒼星石「悪いけど、これから友達関係見直させてもらうよ」
金糸雀「もう口利いてあげないのかしらー!」
雛苺「べ~~~~~っだぁ!」
雪華綺晶「ナチスを侮辱した事、悔い続けるがいい!」
・・・・・ガタッ!全員が言い続けてると思いっきり席を立つ水銀燈
水銀燈「・・・・・・・・」
そして無言のまま職員室を出て階段を上がっていく、その目には確かに大粒の涙があった
まだ階段を上がる、これより先は屋上である・・・・その時
薔薇水晶「あ、水銀燈先生おはようございます」
奥から歩いてきた薔薇水晶が挨拶をする
薔薇水晶「あのー、ここから先は屋上ですよ?」
いつもの元気がない水銀燈を心配する薔薇水晶、しかし水銀燈は無言のまま階段を上がる
薔薇水晶はそれ以上とめる事もなく頭に?を浮かべながら職員室へと向かった
そして職員室に入ったが、そこはいつもの雰囲気ではなかった・・・そうなにかジメっとした感じが漂う陰気な空間であった
薔薇水晶「・・・・・・・・・ぉ・・・おはようございます・・・」
薔薇水晶がおどおどして入る、しかし挨拶は返ってこない・・・
いつもなら水銀燈の甘ったるい挨拶に始まって色々な挨拶が返ってくるがそれもない・・・そんな時
ガラッ!!!いましがた閉めたばかりのドアが開いた
ローゼン「グッッッッ・・・・・・モォォォォォォニィィィィン!」
空気等まったく読まない奴が入ってきた・・・・
ローゼン「ん・・・ん・・・・?・・・・んんんんんん!?、どうしたんだい皆お通夜みたいな顔してぇ!ははぁん、さては僕が来たから照れてる?」
そんな事を一人浮かれて喋るローゼン・・・・そこで薔薇水晶が無言でローゼンの腕を掴み廊下へと引きずり出す
そして廊下に出た二人・・・そんな中先に口をあけたのはローゼンだった
ローゼン「水銀燈先生が居ませんでしたね、しかも皆さん暗い顔持ち・・・喧嘩でもしましたか?」
そこにはいつものローゼンとは打って変わって凛々しい男性のローゼンがあった
そんなローゼンに一瞬見惚れた薔薇水晶だったが・・・
薔薇水晶「・・・・水銀燈先生泣いてたの・・・なんでかは判らない・・・雨なのに屋上に行った・・・」
いつもよりはっきりとローゼンに話す薔薇水晶、そしてそれを聞き小声で「ありがとう、後は任せておきなさい」と言い階段を上がるローゼン
薔薇水晶は事態の内容すらわからなかったが、これで大丈夫だと確信した

一方屋上では水銀燈が雨の中屋上から校庭をただ一人見ていた
水銀燈(なんでこんなことになっちゃったんだろ・・・少しだけイタズラしただけなのに・・・)
いつもの水銀燈ならこんなことは欠片も思わないだろうがこの時は違った・・・
ちょっと構って欲しい、ちょっと付き合って欲しい、ちょっと一緒に居て欲しい、これの延長線でイタズラの度が過ぎてしまっただけなのだが・・・
水銀燈「・・・・皆に嫌われてるならいっそ・・・」
そう呟く水銀燈・・・・しかし
ローゼン「いっそなんだい?そこから飛んで夢の彼方にでも行くつもりか~い」
等と緊張感の欠片も無い声が水銀燈に届き、その声の主に振り返る水銀燈
水銀燈「な・・・なによ!あんたなんか呼んでないんだからとっとと消えなさい!」
それに対し怒りをあらわにする水銀燈これに対して穏やかに答えるローゼン
ローゼン「そうもいかないなー、だって僕校長だしー、それにお通夜みたいな職員室は耐えられないしね」
と、あっさりと切り返す
水銀燈「馬鹿いわないで頂戴、大体貴方みたいに何の考えも持たない人間が・・・」
そこまで言ってしまったと思った・・・ローゼンは自分を救いに来たのにそれをまた自分で手放したのだと自分を責める
ローゼン「だねー、ほぉーんと考えもってないよー」
しかしそこには怒りや侮蔑の回答ではなく、いつものローゼンの回答があり・・・・次の瞬間彼の顔を見て世界が止まる
ローゼン「でもね、僕は僕のやり方でだけど今の有栖学園が崩れないようにしたいんだ、もちろんそこには水銀燈先生の存在もあるよ」
口調はあくまでも穏やか・・・いやいつもみたく冗談等の意味が含まれない穏やかな声・・・・
ローゼン「君が何をしたか知らないけど、一度躓いたぐらいで飛び降りようとか考えるのは穏やかじゃないなぁ・・・」
変わらぬ口調、しかし最後の飛び降りようとの所には怒気が確かに含まれていた・・・
ローゼン「じゃぁ、僕はラプラスから逃げないといけないから戻るね♪」
そして戻るローゼン、そこにはいつもの・・・本当にいつものローゼンが居た
残った水銀燈は一人考えた・・・が、もう答えは決まっていた・・・
泣いていたその顔は今ではすっきりとした顔に戻っている・・・
水銀燈「ほぉ~んとに、私が居ないだけでお通夜とか・・・みんなおばかさぁ~ん・・・」
まだ涙声だが汚れの無い声で職員室に戻る水銀燈の姿があった・・・

いつの間にか雨は止んでいた

fin