ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 異常な愛情

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 何故こんなことになっているのか。
そんなこと、今は考える必要が無い。
ただ目の前にはばらしーがいて、その透き通るような純白の肌がとても綺麗で。
私は吸い込まれるように一歩、また一歩と距離を縮め、両手を伸ばし、首に絡める。
そして、静かに顔を近づけて・・・・・・
 ジリリリリリリリリリリリッッ!!!
・・・朝のこの時間になると、異様にはりきる目覚まし時計。
まあそれが君の仕事なんだけど、今回は間が悪かった。
上半身を右方向に捻りながら、同時に右肘を体の後ろまでひき、そのまま、ぶん殴る。
目覚まし君は吹っ飛ばされ壁にぶつかり最後に、チーンと悲しい音を奏でて、死んだ。

 ―私立有栖学園 職員室
朝の職員室は、何もなければ至極落ち着いた時間だ。
だから、自分の席についてまずやることは、教員のみんなにお茶を配っているばらしー(学校では薔薇水晶先生と呼んでいる)を眺めること。
何を考えているのかわからないミステリアスな目、お茶を持つ細く綺麗な指、まだ幼さを残すあどけない唇、等等、挙げだしたらキリが無い。
ましてや、見飽きるなんてことは絶対に。
「おはようございます・・・雪華綺晶先生」
「おはよう、薔薇水晶先生」
ああ、この下から見上げるアングルもまた、格別。
今朝、夢の中で奪い損ねた唇がそこに・・・・
「薔薇水晶先生はいらっしゃいますか?」
突然入ってきた生徒に、至福の時は壊される。
ばらしーは私に背を向けて生徒の下へと行ってしまった。

何もこんな朝早くに職員室に質問に来なくてもいいだろ。
そして入り口付近でばらしーと談笑する生徒
瞬間、生徒に軽い殺意を抱く。 すぐに射撃部員に連絡し、手回しをする。
「待ってて・・・今、プリント持ってくる・・・」
ばらしーが生徒から離れた、すかさず射撃部員にGOサインを送る。
3秒後、そこに生徒はいなかった。
戻ってきたばらしーは入り口付近でおろおろしている。
「薔薇水晶先生、さっきの子は帰りました。 それより、私にコーヒー頂戴」
「・・・・・・うん、わかった・・・」
これでいい、これで、私の朝の平穏は無事守られた。
やはり朝はこうでなくては。