ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 水銀燈、JUMとの遭遇

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

水銀燈「あら、JUMじゃない」
 それは、学校業務が終わっての帰り道。現在、登校拒否の生徒JUMと偶然であった水銀燈。
JUM「……水銀燈先生」
 少しおびえた様に、JUMは顔をしかめ少し後ろに下がった。
水銀燈「そんなに、怯えなくていいわよぅ」
 苦笑する水銀燈。さて、ここでこう会ったの何かの縁だろうし、いつもいつも薔薇水晶に面倒かけるのもアレよねぇと、考える水銀燈。
水銀燈「学校。まだ、これないわよね?」
JUM「……正直、いまこうやって外に出かけれるのが限界なんです」
水銀燈「そぅ。皆、アナタの事まってるわよ」
JUM「っ」
 水銀燈の言葉に、自分の服を握り締め辛い表情をするJUM
水銀燈「ふぅ。まぁ、私もJUMと同じ事になった事あるからわかるけど」
JUM「ぇ?」
水銀燈「覚えておきなさい。少なくとも私と薔薇水晶先生は、心からJUMの復帰まってるわ」
 ふっと、微笑する水銀燈。
JUM「はい」
水銀燈「んじゃ、私は帰るわぁ。あ、そうそうコレあげるからのみなさい」
 JUMにヤクルトを手渡すと、水銀燈は「乳酸菌は大事よ」と、良くわからない事を言ってさっさとその場から去っていった。
JUM「……ありがとう。先生」
 水銀燈の後ろ姿に、そう言葉を漏らすJIMだった。