ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 銀様国外逃亡劇~civilians side~

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その日、私は飛行機でオーストラリアに行く予定でした。
初めての海外旅行ということで、多少興奮気味だったのを覚えています。
空港を飛び立って数分後、何故か飛行機はいきなり機首を反転させ、空港へと戻ろうとしました。
何が起こっているのかと外を見ると、そこには映画でしか見たことが無いような大きな戦闘機が、すぐ真横を飛んでいるのが見えました。
恐ろしいことが起こったんだ…と、すぐに気がつきました。
機内アナウンスでは、皆に冷静になるよう呼びかけていました。
しかし、それを聞く者はなく、中には遺書らしきものを書き出す人も現れました。
そして、無事に空港に着陸した時には、小さな歓声が上がったのを記憶しています。

それから何分経ったでしょうか?
いきなり、後方にある飛行機のドアが開いたかと思うと、突然、白い服を着た人が銃を片手に乗り込んできて、一人の銀髪の女の人を羽交い絞めにして連れて行ってしまいました。
唖然とする私たちを尻目に、その白い服を着た人は私たちに向けて、最後にこう言いました。
「お騒がせしてすまない、そして良い旅を!」
…と。