ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 黒歴史版球技大会~二回戦第二試合E金糸雀vsH水銀燈~-テニス-

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

野球を無事、勝ち抜いた組が歓喜に包まれてる中、球技大会、一回戦第二試合の種目がテニスとなる。
この学校、有名私立学園だけあり無駄に・・・いや立派なテニスコートを所有している。
そしてあいまみえるのは、金糸雀率いる3-Eと水銀燈率いる3-H。
金「楽してズルして賞金はいただきかしら~♪」
銀「100万円・・・100万円あれば・・・くんくんグッズがぁ♪」
兎にも角にも竜虎相打つ、いや金銀相打つこの試合どうなることか。
金「それじゃ、前回の野球同様、テニスも楽してズルして勝ち抜くかしら~?」
意外にも自称策士というだけあって頭脳的なチームプレーで野球を勝ち抜いた金糸雀組。
スポーツにおいてズルというのはどうなのだろうか?といつもなら生徒は思ったのだろうが
100万円の前ではそんな奇麗事はどうでもよくなっていった。
金「それじゃ、F君。一緒にダブルス頑張るかしら~」
F「え?あ、は、はい・・・」
上下とも標準的なジャージの二人がテニスコートに入る。

そこに遅れて水銀燈組がやってくる。
銀「おまたせぇ~、ちょっと着替えに戸惑っちゃったわぁ♪」
A「(た、たまんNEEEEEE!!!!)」
水銀燈と入場してからちょっと前屈み気味のA。それもそのはず。
水銀燈の今の出で立ちは、上が白いシャツタイプのユニフォーム、スタイルがいいだけに胸も強調気味。
下がスコート。しかも、結構短め。風が吹けばアンダースコートではあるが丸見えである。
思春期の男子なんぞ瞬殺である。気づくと回りからカシャカシャとカメラの音まで聞こえてくる。
ポカーンとなる金糸雀組。水銀燈はお構いなしにとポーズまで取っている。
生徒「金糸雀先生ー!!」
と、自分の名を呼ばれハッとなる金糸雀。私にもシャッターチャンスが?!とポーズを取って振り返る。が
生徒「邪魔ですー!!そこだと水銀燈先生と被って撮れないんで退いて下さーい!!」
金「がーん・・・で、でもテニスはコスプレ勝負じゃないかしらー!!さぁ、さっさとサーブ権を決めるかしらー!!」
銀「サーブはそっちに譲るわぁ♪何か可哀想だしぃ。」
金「い、言わせておけば・・・後で吠え面掻くなかしらー!!」
銀「それじゃ、私達はこっちのコートを使わせてもらうわねぇ」
サーブ権とコート権も無事に決まり、ようやく試合開始となる。

審判「それでは、3-E組と3-H組の試合を始めます。サービスプレイ、金糸雀。」
金「ふっふふふー、カナの超ウルトラサーブを受けてビビるがいいかしらー!!」
パーンと小気味いい音を立てて、水銀燈のコート目掛け放たれた金糸雀のサーブ。
意外にも球速はあるようだ。だが、水銀燈は慌てることなく
銀「あらぁ?結構やるわねぇ・・・。それじゃぁ・・・はぁ!!」
その瞬間、金糸雀に電撃走る。あっという間のドライブ気味の剛速球が彼女の頬スレスレを通り、
バン!!とコートに突き刺さる。リターンエースである。
審判係「15-0!!」
金「F君・・・。あ、ありのまま、今起こったことをは、話すかしらー・・・」
F「いや、そういうネタはいいですし分かってますから・・・」
金「うう・・・あんなの反則かしらー!!」
銀「あらぁ?私これでも昔、テニスをやってたのよぉ。これくらい何でもないわぁ。
  ・・・懐かしいわぁ、お銀婦人なんて呼ばれ全国にまで上り詰めたことも・・・」
昔のことを思い出したのか明後日のほうを見つめる水銀燈。
F「(お銀婦人・・・ださっ!!マキシマムダサい!!)」
金「(ちょ、ちょっとF君?!あなた、何て事を・・・)」
銀「全部、聞こえてるわよぉ!!」
その後、怒りに身を燃やした水銀燈の猛攻に陸上部所属のAの運動神経も手伝い、
あっというまに
審判「ゲーム、3-H。1-0!!」
金「もう・・・F君があんな事言うからかしらー・・・」
F「いや、これでいいんですよ。」
自身有り気にそう言い放つF。この状況でどうしたらそう言えるのか不思議な金糸雀。
とりあえずのコートチェンジ。二組のすれ違い様。
銀「はぁ・・・、はぁ・・・・、わ、私を馬鹿にしたこと、はぁ、後悔させてあげるわぁ」
F「いや、でもお銀婦人ってのはやっぱりー」
金「ちょ、ちょっとさっきから何であなたはー!!」
銀「そ、その無駄口も何時まで、はぁはぁ、た、叩けるかしらねぇ・・・。」
そう言い去っていく水銀燈。そう様子を見たFの口元がニヤリとなる。

続く第2セット。水銀燈のサーブから試合は始まる。
銀「よ、よくも私の青春時代を・・・えぃ!!」
さっきの恨みをボールに込め、打ち放つ。が、よく見ると第一ゲームのような剛速球ではない。
金「こ、これなら、何とか取れるかしらー・・・よっ!!」
A「こっちは水銀燈先生だけじゃぁ・・・ないんですよ、うらぁ!!」
ここからしばらくラリーが続く。一進一退の攻防。
しかし、Fの球を返したAがロブ気味のクソボールをあげてしまい
A「しまったー、や、やべぇ!!」
金「ふっふふふ、カナのスーパースマッシュを受けるがいいかしらー!!」
ロブ気味の浮いた球をしなやかに体全体を使い、思いっきり振りぬく。
A「く、くそっ・・・水銀燈先生!!」
水銀燈にカヴァーを求めたA。だが、その水銀燈の反応は
銀「・・・え?・・・ブヴォ!!」
聞いちゃいなかった。むしろ試合さえ見てなかったのだろう。
金糸雀のスマッシュが顔面に炸裂。派手に後ろに転ぶ。
審判「0-15!!」
水銀燈にとっては無常だが、得点とカウントされたようだ。
銀「い、痛ーい・・・、あたたた・・・。」
金「だ、大丈夫かしらー・・・。ごめんなさいかしらー。」
A「(転んだ瞬間見えた、ピンクテラスゴス)ちょ、大丈夫ですか?!」
転んだ水銀燈の元にAと金糸雀が駆け寄ってくる
銀「だ、大丈夫よぉ、ちょっと油断しただけよぉ・・・。」
A「なら良いんですけど・・・」

F「分かります?さっきからどうなってるのか?」
金糸雀が戻ってくるなり、開口一番いい放つF。
金「へ?あ、ああ、も、もちろんかしらー!!カナは何でもお見通しかしらー。」
F「(ホントかよ?)はぁ・・・。向こうはAは兎も角、水銀燈先生がやっかいですよね?」
金「そ、そうかしらー。」
F「たしかに元全国レベルだけあって凄い強さですけど・・・、水銀燈先生は今タバコ吸ってますよね?」
金「たしかに吸ってるかしらー・・・」
いつも職員室が禁煙なのをボヤキながら、屋上なんかで吸っているところを見かけたことがある。
けど、金糸雀はそれとFが何を言いたいのかさっぱり分からないでいる。
F「スタミナの低下ですよ・・・。タバコ吸ってるってことは肺機能は昔よりは確実に落ちているだろうし・・・。
 身体機能の低下も免れないでしょう?いままで水銀燈先生をカッカさせたのはそのためですよ?」
金「え?あ、ああー!!やっぱり、カ、カナの思った通りだ、だったかしらー!!」
そう叫ぶ金糸雀。本当にさっきまでの野球で名采配をした同人物とは到底思えない・・・そう思うF。
F「コートチェンジの時も、息切れが激しかったですし・・・、今のアレも見て確信しましたよ。
 もう水銀燈先生は恐くないですね。行けますよ、僕達!!」
金・F「楽してズルして勝利をいただき(かしら~)」
二人してニヤリとほくそ笑む。担任が担任なら生徒も変わるものだろう。

試合再開。
銀「(やっぱり昔のようにはいかないわねぇ・・・)はっ!!」
水銀燈のスライス気味のサーブ。軌道低くネットスレスレを飛ぶが、やはりこれもあっさりと金糸雀に返される。
銀「ちぃ・・・(やっぱり不本意だけど、これを使うしかないわねぇ・・・)」
金糸雀の球を返すと同時にネットへダッシュする水銀燈。
A「え?ちょ、ちょっと水銀燈先生?!」
Aの静止も聞かず、何を思ったのか胸ボタンを外し、パタパタさせながら
銀「はぁ~・・・今日は暑いわねぇ~」
とFの方に胸を強調させながら、そう呟く水銀燈。回りの男子からはオオーという歓声が聞こえる。
Fの方からなら、それはさぞ目の保養になる物が写っているのだが
F「悪いですねぇ・・・100万円の方がよっぽどセクシーに見えるんですよ、今の僕達には・・・」
銀「な、何ですってぇ!!」
そう呟き様、スマッシュを叩きつけるF。ガックリとうな垂れる水銀燈。
己のプロポーションには自信があるのに、それを金と比較され否定されればそりゃガックリくる。
審判「0-30!!」

A「どうします?やっぱ、このままはまずいっすよぉ・・・」
銀「・・・はぁ、もうどうでもよくなっちゃったわぁ・・・。100万円は惜しいけどねぇ・・・。」
A「え?な、何ですか?」
銀「棄権するのよぉ・・・。もう私さっきの野球から疲れちゃったしぃ・・・」
A「は、はぁー?!き、棄権?!マジですか!?」
銀「マジもマジの、大マジよぉ。さ、さっさと帰るわよぉ・・・」
が、納得がいかないのかブー垂れる生徒達。それを尻目にスゴスゴとコートを後にする水銀燈。
審判「え~と・・・責任者棄権・・・こういう場合は・・・え~と・・・ゲーム、ウォンバイ3-E組!!」
やったーと歓喜に包まれる3-E。本当にズルして楽していただきな展開になってしまった。
A「ちょ、ちょっと待ってください!!い、今つ、連れ戻しますから!!」
審判「いやー、でも一度入ったコートだし、しかも試合中に抜け出しちゃったからねぇ・・・」
夏休みの特訓は何だったのかと、真っ白に燃え尽きてる輩や水銀燈憎しの女子が発奮している。
金「さー、次の試合も楽してズルしていただきかしらー!!」