ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 雪華綺晶の殲滅作戦

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「こちらアルファ1、配置につきました。」
「アルファ2準備完了。」
「ベータ1準備完了。」
「こちらベータ2・・・・

雪華綺晶の無線機に次々と報告が入る。
ここは狭い路地。雪華綺晶の一つしかない眼球の先にはあの怪しい店があった。


そう、さかのぼる事一週間前。
ここでは有栖学園の教師の動画が売られていたところが発見された。
その撲滅作戦というわけだ。警察にも既に許可は取ってある。
なんで、許可が取れたかは秘密。

雪「最終確認だ。これから貴様らは少々人の道を外れる事になるかもしれない。
その覚悟があるなら作戦に参加せよ。無いものは降りても構わない。」
部員から返信が帰ってくる。作戦を降りる者は一人もいないようだ。
雪「なら思う存分暴れまわれ。では命令を下す。
作戦名は、サーチアンドデストロイ。サーチアンドデストロイだ。」
部員「サー!イエス!サー!」


客「今日も特ダネもって来たよ~」
店員「お、こいつはなかなか・・・ほぅ、これも・・・」

バンッ・・・カランコロン・・・・・ピカッ
店員「うあっ!目が!」
目の前が真っ白になる。




ここからは音声だけでお楽しみください。

ドタドタドタドタ バスッバスッ
―Aポイント制圧・・・・
カチン・・・ドン!ドタドタドタドタ
―ちょ、お前ら・・・うあ・・
バン! バン!
―Bポイント制圧完了しました・・・
ガンガンガン バキッ
―う、うあー・・・
バンバン!パラパラパラパラパラ・・・
―全室制圧完了しました。
―証拠を回収しろ。
―ラジャー
ガラガラ ペラペラペラ
ドタドタドタドタ
―火をつけろ
ドバー ッボ
メラメラメラメラ・・・
―全員居るか!番号!
―1!2!3!4!5!6!7!・・・
―よし、戻るぞ。



その店は灰になりました。