ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 薔薇水晶の日本史

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

薔薇「・・・はいっ、今日やった所120P~125Pまでを良く読んで置くように・・あと・・・。」

男子A「次なにー?」
男子B「保健じゃねー?」
男子A「え、まじー?wwwwwwwやったーwwwwwwwwww」

女子A(・・死ねよ)
女子B(なんなんだようぜぇ・・。)
女子C(保健保健ってうぜぇ・・・・・)

薔薇「・・・・みんな・・・・・話聞いてよぅ・・・。」



薔薇「和気清麻呂の出発前、道教は清麻呂に、うまくやれば大臣にすると言いました。
    しかし清麻呂はその誘惑をもろともせず、こう言い放ったのです。
    我が国は開闢以来君臣の分定まれり、無道の者はこれを排除せよ!
    その結果、清麻呂は流罪に処されます。その後、……う」
男A「先生どうかしました?」
薔薇「いえ……なんでもありません」
女A「もしかして泣いてるんじゃ」
薔薇「そんなことない。さあ続きを……坂上田村麻呂らが道教を退け、
    遂に清麻呂は帰ってくることができ……うう」
男B「せんせー、なんで泣いてんの?」
薔薇「今の政治家や役人と比べて、あまりに立派で……皆さんも強い人になってください」
女B「ばらしー先生、先生は生徒と出世だったら生徒をとるんですね?」
薔薇「もちろんです」

男B「銀ちゃん、ばらしーせんせがこんなこと言ってたんだけど」
女B「生徒とヤクルトだったらどっちをとります?」
水銀「も、もちろん生徒よぉ、失礼ねえ。ほほ、ほほほほ」