ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 真紅とチョーク

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  真「このhadは過去完了の~」
   いつものように英語の授業を進める真紅。
   ふと、教室を見渡すと寝ている生徒がいた。真紅はため息をつく。
   寝ていたのはI。しかし、彼は本当に寝ていたわけではなかった。
   最近、生徒の間で先生のチョーク投げが話題になっていた。
   百発百中の蒼星石先生、男子に大人気水銀燈先生、殺人チョーク雪華綺晶先生など
   それはもう話題沸騰、校内誌まで作られるほどだ。
   そして、真紅のチョーク投げを調べるためにクラスを代表してIが
   寝たふりをしているのだ。
   Iに気づいた真紅、はたしてどんなチョーク投げが来るのか
   クラス中がwktkしていた。
   しかし、真紅はクラスの期待とは裏腹にカツカツとIに近づく、
   そして教科書の角でIの頭をたたく。
  真「I君、起きるのだわ」
   そういわれたIは起きるフリをした。
  I「あ、すいません・・・真紅先生はチョーク投げないんですか?」
   クラス中が気になっていることをIが尋ねる。すると、
  真「チョークを投げたら手が汚れてしまうのだわ」
   クラス中が、は?いつも使ってるじゃんと思いつつ
   黒板の方に向かう真紅を見ていた。黒板の前に戻った真紅が
   チョークを手にしたとき、クラス中がはっとした。
   真紅が手にしたチョークにはチョークホルダーとでも言うのだろうか、
   手が汚れないようにするカバーのようなものが付いていた。
   なんで気が付かなかったんだと思いつつ、クラスがため息をついた。
  真「?」
   何のため息かわからなかったが真紅はかまわず授業を続けたとさ。