ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 教師のちゃん付け

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

生徒A「あ、いたいたー蒼ちゃーん」
蒼星石「え? どうしたの?」
生徒A「課題。遅れてすいませんでした(提出)」
蒼星石「今度は遅れないようにね?」
生徒A「はーい。ごめんねー」
翠星石「………蒼星石」
蒼星石「どうしたの? 翠星石。あ、カップケーキ」
翠星石「先ほど、調理実習だったのです。で、なく! なに生徒にちゃん付けで呼ばれてるですか!
なめられてる証拠です!!」
蒼星石「………いいんじゃない? 別に変なあだ名つけられてるわけでもないんだし」
翠星石「なにのほほんとしてるですか! 真紅! 真紅からも何か言うです!!」
真紅「本人が良いと言っているのだから、横からなにか言うものではなくてよ、翠星石先生」
翠星石「くっ、真紅まで………! ちびちび苺だって、生徒から舐められるのは………っ」
生徒B「あ、雛ちゃーん、さっきカップケーキ作ったんだけど、余ったからいる~?」
雛苺「わぁ~い。いるの~。ありがとなの~」
生徒B「配るのもアレだし、食べてくれてありがたいし。じゃね~」
雛苺「はいなの~。嬉しいの~。そういえば、なにか御用あったの? 翠星石せんせい」
翠星石「なんでもないです!!」