ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 薔薇水晶の家庭訪問

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ばらしー「桜田君・・・・明日から・・夏休みだから・・・。」
JUM「あぁ・・。」
ばらしー「2学期から・・・気が向いたらいつでも来てね・・・。」
JUM「う、うるせぇ!!(バタン」
ばらしー「桜田君・・・・・・。」



真紅「薔薇水晶、桜田君まだ来ないの?」

薔薇「…う、うん」
翠星「弱気だから舐められてるんじゃ無いですか~」

薔薇「…桜田君はそんな子じゃ無い…!」



JUM「おはよ。」

ノリ「あ、JUM君!おはよーってもうお昼だよ~。」

JUM「う、うるせぇなぁ・・。」

ノリ「もう・・。」

JUM「誰か来た?」

ノリ「え?誰も今日はきてないよ~。」

JUM「そうか・・(今日は先生来ないのかな」



ノリ「ジュン君先生がクッキーもってきてくれたよ。」

JUM「え?なんで?」

ノリ「調理実習で先生も一緒に作ったんだって~。」

JUM「僕用にか?」

ノリ「そうみたいだよ~。」

JUM「よ、よこせ!・・・ぱくっ。」

ノリ「おいしい?」

JUM「あ、あぁ・・・不味く無いよ・・・。」



薔薇「あ、JUM君・・今日ね・・バレンタインデーでみんなでチョコ作ったから・・・。」

JUM「あ、ああ・・。」

薔薇「私もそのとき作ったから・・あげるね・・・。」

JUM「あ、ありがとう・・じゃ、僕課題まだ終わってないから・・。」

バタンッ

JUM「・・・・『早く学校に来てね』か。」

ぱくっ

JUM「・・・まずくねぇ・・。」




薔薇「あ、JUM君・・今日は・・お姉さんは?」

JUM「い、いないよ・・バイトらしい。」

薔薇「へぇ・・そうなんだ・・。」

JUM「あんたはまだクラスで男子に舐められてるのか?」

薔薇「・・・う、うん・・女の子は仲良くしてくれるけど・・・。
   男の子はJUM位しか仲良くなれないかな・・。」

JUM「へぇ・・。」

薔薇「・・・・。」

JUM「・・・・・。」



薔薇「桜田君・・私本当は教師にむいてないかも・・・。」

JUM「えっ?何言ってるんですか先生・・。」

薔薇「だ、だって・・・クラスの男子はみんな水銀燈先生の言う事しか聞いてくれない物・・。
   私本当は駄目かも・・・。」

JUM「あ、アイツなんかより先生のが良いよ!アイツは学校に居た頃から僕は馴染めなかったし・・!
  先生みたいに毎日様子を見に来てくれたりもしないし!!」

薔薇「・・・桜田君・・・?」

JUM「と、取り合えず考え過ぎなんじゃないっすか!気にしないでいいよ!うん!!(バタン

薔薇「・・・・・・・。」

JUM「何言ってるんだよ僕・・・・・。」



薔薇「桜田君・・これ、今月分の宿題ね・・。」

JUM「あ、どうも・・・。」

薔薇「うん・・頑張ってね・・急がないで良いから・・・。」

JUM「え、えぇ・・どうしたんですか・・元気無いじゃないですか・・・。」

薔薇「ううん・・なんでも無いのよ・・ありがとうね。」

JUM「そ、そうですか・・なんか昨日より暗そうだったから・・。」

薔薇「・・・ううん、なんでも無いから・・桜田君は優しいね。」

JUM「な、なに言ってるんですか!!!!!優しくなんか無いですよ!!!!(バタン!!!」

薔薇「・・・・・・(にこっ」

JUM「何がしたいんだよ僕は・・・嫌われたかな・・・VIPでも行こ・・・・。」



JUM「先生、これ昨日貰った奴回答してみたんですけど・・・。」

薔薇「・・・はい、ちょっと採点するから待っててね。」

JUM「あ、はい。(ほんと・・毎日来て疲れないのかな先生・・・)」

薔薇「・・・・・。」

JUM「・・・・・。」

薔薇「・・・・・ぐすっ。」



薔薇「・・・JUM君偉いよ・・・学校行ってないのにこんなに出来て・・ぐすっ・・・。」

JUM「い、いやぁ・・僕ネット趣味なんで興味持ったの調べてるんですよ・・。
   歴史って面白いと僕思うし・・。」

薔薇「ほんと・・偉いよ・・・100点だよJUM君・・・ぐす・・うぇ・・・うぇぇぇぇ・・・。」

JUM「先生!?なんで泣くんですか!?僕なんか悪い事しました!?」

薔薇「・・・またクラスの点数落ちちゃって・・・それが私の担当してる科目で・・。」

JUM「先生あの一体・・。」

薔薇「毎日みんな来てるのに・・・・なんでだろう・・私がやっぱり下手だからかな・・。」

JUM「補修開けば良いじゃないですか・・テスト前なら自然とみんな来て勉強しますよ!」

薔薇「今日開いたけど誰も来なかったわ・・みんな保健体育の方に行っちゃって・・・私・・もう・・・・どうしたら・・・。」

JUM「先生・・・・・。」



JUM(学校で上手く行ってるのかあの人・・・。)

ノリ「JUM君ただいまぁ~ごめんね~遅くなって、今なんか作るからそれまでスーパーで買ったお惣菜たべてて~・・・。」

JUM(僕が居た頃から男共は水銀燈先生に夢中だからなぁ・・・。)

ノリ「あれ?JUM君?」

JUM(なんだろ・・・なんかすげぇアレだな・・明日また来るだろうし・・たまには僕が相談に乗らなきゃ・・・)

ノリ「JUM君?いないの?」

JUM「え、あぁ・・おかえり、何か買ってきたの?」

ノリ「うん、コロッケ1個・・今何か作るからそれ食べて待ってて。」

JUM「うん、ありがとう(大丈夫かなぁ本当・・・)」



ノリ「え!?はい・・・はい・・・えぇ、はい。」

JUM「おはよ~。」

ノリ「えぇ・・わかりました、後で弟を連れて行きます。」

JUM(えっ!?僕なんか悪い事でもしたか!?部屋に篭ってるだけだぞ・・・。)

ノリ「・・・JUM君、大変。」

JUM「えっ?なんで?どうしたの?僕連れてくって?」

ノリ「それが・・薔薇水晶先生、今朝学校に来た途端倒れて病院に運ばれたとか・・・。」

JUM「・・・・・・・・・お、おい!!!!教えろ!!!何処だ!!!何処にだ!!!!!」

ノリ「き、近所の○○病院よ・・・ど、どうしたのJUM君・・目が怖いよ・・・?」

JUM「っ・・!!くそッ!!僕すぐ支度するから!!!」

ノリ「え・・でもJUM君、今みんな登校してるよ・・。」

JUM「関係ない!!(パタタッ」



バタンッ!

JUM「先生!!先生どうしたんですか!!!」

薔薇「・・あ・・桜田君・・・今はまだ登校時間じゃ・・?」

JUM「か、関係無いです!!!どうしたんですか・・今朝姉から聞いたんですが・・・。」

薔薇「ちょっと疲労とストレスが溜まり過ぎちゃって・・・・ごめんね・・少しここでお世話になるから・・・。」

JUM「そ、そうですか・・・。」

薔薇「今日は桜田君ところ行けないね・・ちょっと残念・・・。」

JUM「い、いや・・そんな・・・あ、じゃぁ僕が毎日見舞に来るんで・・。」

薔薇「・・ほんと・・・?・・・ねぇ・・・桜田君。」

JUM「え、あ、はい?」

薔薇「・・・今日頑張ったね・・・偉いよ。」

JUM「・・・・・・。」



JUM「・・・僕は偉くないです・・・姉には迷惑をかけて、更には先生にはいつも世話になるし・・・臆病だし・・。」

薔薇「・・でも・・・今日登校時間中に・・・家を出てきたんでしょう・・・。」

JUM「それはそうですけど・・・。」

薔薇「偉いよ桜田君・・・頑張ったね。」

JUM「そんな事無いです・・先生のが、体がこんなになるまで頑張るし・・・。」

薔薇「・・・・桜田君・・・。」

JUM「早く体調直してください、僕少しずつ頑張って・・学校行ける様になりますから・・。」

薔薇「うん・・・そう思えるなら、やっぱり偉いよ・・・。」



薔薇「・・・ねぇ桜田君。」

JUM「あ、はい?」

薔薇「・・・桜田君って不思議ね、私が壊れそうなとき貴方が欲しい言葉を言って治してくれるのよ・・・。」

JUM「先生・・・・(かぁっ」

薔薇「・・・・ごめんね、変な事言って。」

JUM「い、いえ・・・僕だって・・常に助けてもらってる物ですから・・・。」

薔薇「・・・ありがと、桜田君・・・あなた見てると、私頑張れる気がする・・・・。」



JUM「あ、僕教科書持ってきたんです!前々から興味ある所聞いても良いですか?」

薔薇「・・・うん、いいよ・・・どこ?」

多分今後、私は職場に戻れるかわからないけど。

JUM「えっと・・・ここです、ここの解説が・・・。」

私を必要としてくれる人が居る以上は、教師で居ようと思う。

薔薇「・・JUM君歴史に興味持ってくれたんだ・・先生も嬉しい・・。」

だって私には。

JUM「え、えぇまぁ・・。」

こんなにも。

薔薇「・・・・よし・・・じゃぁ、ここはね・・(にこにこ」

可愛い生徒がいるもの。



fin