ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 水銀燈と新入生

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日は新入生にとって、学校に入って初めての体育の授業の日。
男子生徒の誰しもが、水銀燈の美貌に目を奪われた。
水銀燈「というわけで、何か質問あるぅ?」
ある一人の男子生徒が手を上げる。
水銀燈「ん~?何かしらぁ?」
男子A「せ、先生…今付き合ってる人とか、いるんですか?」
水銀燈「ん~?いないわよぉ?便利な子はいっぱいいるけどぉ。何か、1人の男に縛られるのってイヤなのよねぇ…♪」
「魔性の女だ…」と思うもの、「縛る」という言葉に反応するもの等、その反応は様々だが水銀燈はさらに続ける。
水銀燈「でもぉ、気になっている子はこの中にいるわよぉ。授業でカッコいいトコ見せてくれたら、惚れちゃうかもねぇ…♪」
実はこれ、水銀燈のいつもの手なのだが、みんな面白いように引っかかる。
かくして、この学校は他校に比べ、男子だけ身体能力が異様に高く見えるのだそうな…。