ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 大捜索

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある日の放課後、まだ仕事をしているみんなを尻目にさっさと帰ろうとする水銀燈。
水銀燈「じゃあ、お先に上がらさせてもらうわぁ。」
真紅「あら、お早いお帰りね。待ってる人もいないのに、何をそんなに急いでるのかしら?」
水銀燈「んー?今日は合コンに誘われてるのよぉ。モテないあなたとは違ってねぇ♪」
真紅「…まだお給料日までだいぶあると言うのに、ずいぶん余裕ね。」
水銀燈「何言ってるのぉ、お馬鹿さん。そんなの相手に全部おごらせるに決まってるじゃなぁい♪あなたも来る?どうせ誰からも相手されないでしょうけど。」
真紅が何かわめいているが、気にせず立ち去る水銀燈。
集合場所までは遠いが、今からいけば十分間に合うだろう。電車に乗り、本を読んでいると1本の電話がかかってきた。どうやら蒼星石かららしい。
水銀燈「なぁに?今、電車の中なのよねぇ…。」
蒼星石「ご、ごめん。今日どこかでB組のA君て生徒見なかった?塾に行ってないみたいだってお母さんから連絡があったんだけど…」
水銀燈「…知らないわぁ。」
そういって早々に、電話を切る水銀燈。その様子は、学校時間外まで面倒見きれるかとでも言いたげだった。
しかし、その後の車内の中で頭に浮かぶのはAという生徒のことばかり。もしかしたら、最悪の結末になんてことも…。
水銀燈「あー、もう!!」
そういって髪をかき上げると、合コンの断りの電話を入れ、そして電車を乗り換え元来た道を戻っていった。


水銀燈「…で、今どういう状況なの?」
蒼星石に確認をとる水銀燈。
蒼星石「今探してない場所は3丁目だけなんだ。他の地区はそれぞれの先生が探してるから、3丁目お願いしていいかな?」
水銀燈「なぁに?結局全員集まったわけぇ?みんなヒマねぇ…。わかったわぁ、3丁目を探せばいいのね…。」
そういうと、公園やビルの屋上などを探してみるが、一向に生徒の姿は見つからない。
水銀燈「何か悩み抱えてるような子が行きそうなトコ…他にあったかしら…」
あれこれ考えながら、ふと某古本屋に目をやると、中でその生徒が漫画を読みふけっていた。急いで店内に入る水銀燈。
水銀燈「ちょっと!あなたここで何してるの!?」
生徒A「え!?いや、塾行くのかったるいから、少しここでサボってたんですけど…先生は何でここに!?」
水銀燈「…あなたを探しにきたのよ…。時計を見てごらんなさぁい。もう20時半よ…」
それを聞いてあわてる生徒。それを見ていたら、さっきまで色々考えていたことが急に馬鹿らしくなった。
水銀燈「…もういいわぁ…何だか疲れちゃった…」
そういってどこかに電話しにいく水銀燈。生徒自身も、自分の大捜索が行われていることをやっと理解したようだ。
水銀燈「5分ほどで蒼星石先生が迎えに来るそうよぉ。しばらくここで待ってなさい。」
そういうと、自身も立ち読みを始めた。


それから数分が経過したころ、ようやく先生が到着した。
が、そこに現れたのは蒼星石ではなく真紅だった。有無を言わさず生徒を捕まえ、外へ引っ張っていく。
生徒A「げ…!あの、蒼星石先生が迎えにくるんじゃ…」
水銀燈「それは私の事よぉ、言ってなかったかしら?」
そして、意地悪そうにこう続ける。
水銀燈「それに、楽しいことの後には辛いことが待ってるのが人生ってもんよぉ。みんなに迷惑かけた分、こってり叱ってもらいなさぁい♪」
楽しそうに真紅と生徒を見送る水銀燈。
それから程なくして、蒼星石が到着した。
蒼星石「ゴメンね、今日は迷惑かけちゃって…」
水銀燈「本当だわ…。全く何やってるんだろ…私…。」
その顔は何故か、安心したような表情を浮かべていた。