ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki ひなまつり2

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雛苺「今日はひな祭りなのー!雛の日なのー!!とってもおめでたい日なのー!!」
翠星石「おめでたいのはおめーの頭ですよ、チビ苺。大体なんでひな祭りが生まれたか知ってるですか?」
雛苺「うよ?」
翠星石「ほれ、そこのひなあられを見るです。これはお米の形を表してるですよ。
で、この赤いのは血の色を表してるですぅ♪」
雛苺「血ィ!?」
翠星石「これは昔、幼くして惨殺された子供に『天国ではお腹いっぱい食べれるよう』にと、このお米の形をしたひなあられを死体に振りかけたことが始まりとされてるですぅ。転じて、今日はさしずめ鎮魂祭というわけです。おめでたいなんていったら、撲殺されるですよ?」
雛苺「…ひな祭り…怖いのよ…」
…また騙される、雛苺であった。

翠星石「あ、そうそう。ひなあられには、成仏して無い子供の霊が宿りやすいですから、同じようなガキンチョが食べると、祟りで呪い殺されたりするですぅ♪チビ苺は見た目がガキンチョなんだから、せーぜー用心しやがれですぅ♪」
雛苺「…。」
巴「喜ぶと思ったのに…先生、ひなあられ嫌いなんですか?」
雛苺「…い、いらないのー…。」