ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 日常への空挺降下

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ショック・アンド・オーを自分なりに書き足させていただきました。

戦闘が終わって、私は宿営地に帰ってきた。
今日はT-72を8両ほど撃破した。
あまり調子はよくなかった。
私のエイブラムスの乗員たちは、疲れを知らずに他の部隊の人間たちと踊っている。
私は踊るよりも食事がしたい。
だが、ここに満足な食事はない。
M1の装甲の上で仮眠を取るほうが、体を休めることができていい。
夜の砂漠の風は冷たい。
私は目を閉じて眠った。
「雪華綺晶中尉、ちょっといいか」
寝入りばなを起こされた。
同じ部隊のウィルソン少佐だった。
「起こしてすまない。日本から君に電話だ」
「日本から? 一体誰が……」
「妹さんだ」
私は飛び起き、M1から飛び降り、通信隊のテントへ飛び込んだ。

「つながってるよ」
通信兵から受話器を受け取った。
「薔薇水晶!」
『お姉ちゃん! やっぱり、生きてた!』
何年ぶりに聞いた声だろう。
『色んな人に頼んでお姉ちゃんの居場所探してもらったんだよ! お姉ちゃん自衛隊だったから、防衛庁の情報本部とか、繋がりあるかと思って警視庁の公安部とか…… それからそれから、アメリカのNSAとか、CIAとか…… イギリスのMI6とか…… それからそれから、ロシアのKGBとかGRUとか…… うーんと、イスラエルのモサドとか…… それからそれから、とにかく色んな人に探してもらったんだよ!』
「そう、心配してくれてたのね……」
『それで、NSAの人がお姉ちゃんの居場所を偵察衛星で見つけたって! 私、在日米軍の司令部から電話かけてる!』
「うん、私は元気、元気よ!」
とても嬉しかった。
『うわぁぁん!』
受話器の向こうで泣き叫んでいた。
『お姉ちゃん、何も言わないで何で行っちゃったの?!』
おとなしい、あの妹が叫んでいた。
私は何も言うことができなかった。
『ひっぐ…… ごめんね、いきなり泣いちゃったりして……』
「謝るのは私よ」
大事な妹を置き去りにして、戦争に明け暮れていた。
―私は最悪の姉だ。
『また、お姉ちゃんに会いたい』
「ごめんね…… 本当にごめんね……」
『お姉ちゃん、早く帰ってきて』
「絶対に、生きて日本に帰るからね」
私はそこで受話器を置いた。
頬を涙を伝った。

湾岸戦争が終結し、私はアメリカへ戻った。
そして、すぐに除隊届けを出した。
宿舎の荷物もろくに持たず、私は空港に向かった。
しかし、悪天候で飛行機は飛ばなかった。
空軍の友達から、日本行きの輸送機が出発するとの情報を聞いた。
私はその基地に向かい、事情を説明し、その輸送機に乗ることができた。

アメリカから日本への機内、ずっと妹のことを考えていた。
そして、日本の空に入ると、私は携帯で電話をかけた。
「薔薇水晶! 薔薇水晶!」
『お姉ちゃん! 携帯でかけてるってことは、もう日本なのね!』
「そうよ、よく聞いて! 有栖学園のグラウンドで待ってて!」
『うん、わかった!』
早く妹に会いたい。
「パイロット! 有栖学園の場所はわかるか?」
「あぁ、あの美人先生が多い学校だね。どうしたんだい?」
「その真上を飛んでほしい。エアボーンする」
「飛ぶのは可能だが、あんた戦車兵だろ?!」
「やるんだ!」
「わかったよ! 針路2-6-5、1000フィート!」
早く妹に会いたい。
しばらくして、有栖学園の上空に到達した。
パラシュートをつけると、後部扉が開かれた。
自分の行いを後悔した。
足がすくんだ。
"今まで戦を生き抜いてきたじゃないか、こんなものスポーツだと思えばいい"
自分に言い聞かせた。
自分の生まれ故郷をこんな高いところから見たことはなかった。
そして、有栖学園が真下に見えた。
「グリーンライト! 雪華綺晶、行ってこい!」
空へ飛び出した。
そしてまた後悔した。
地上がどんどん迫ってくる。
開傘の紐を引いた。
無事にパラシュートは開いた。
風に煽られながら、有栖学園のグラウンドを目指した。
そして、グラウンドに人が見えた。
「薔薇水晶!」
手を振っているのが見えた。
300メートル…… 200メートル…… 100メートル……
スピードブレーキをかけ速度を緩め、着地!
「ああっ!」
荒っぽい着地で、大きく転んだ。
「お姉ちゃん! 大丈夫?」
薔薇水晶が駆け寄ってきた。
「いてて…… 平気、鍛えてるからね……」
顔をあげると、目の前には薔薇水晶の顔があった。
感動の再会という奴だろうか。
「お姉ちゃん! よかった! 帰ってきて!」
「普通に羽田に行こうと思ったんだけど、天気が悪くて…… 待ちきれずにパラシュートで来ちゃった……」
雪華綺晶はパラシュートをおろすと、立ち上がった。
そして、薔薇水晶と向き合った。
「お姉ちゃん、おかえり」
「ただいま」
二人は抱き合って、お互いの再会を喜び合った。
「その服は思い出として、何か新しい服を買おうよ」
自分が着ているのが空挺降下用の戦闘服だということに気づいた。
「うん、そうね。案内してよ」
手を繋いで、二人はグラウンドを後にした。

近くの衣料品店で、戦闘服を着てうろついてる人間が居ると、自衛隊の駐屯地に苦情がきたとかきてないとか。