ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 教育基本法改正についてその2~翠星石、蒼星石の場合~

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼「ふう~。改正されっちゃったら僕らどうなるんだろうね」
 珍しく、弱気な蒼星石。

翠「大丈夫ですぅ。クビになっても翠星石が養ってやるですぅ」
 だから、大丈夫ですぅと、翠星石は胸を叩いて言った。

蒼「ははっ。もう、クビなのは決まってるんだね。…やっぱりそうだよね」
 どんどん暗くなる蒼星石。

翠「そんなことねぇですぅ。蒼星石がクビなわけねぇですぅ」
蒼「お世辞はいいよ」
翠「お世辞なんかじゃねぇですぅ」
 強く言い放つ。

蒼「翠星石」
翠「いいからよく聞きやがれですぅ。蒼星石は、みんなに慕われてるいい先生ですぅ。だから、そんな…こと…言うなですぅ」
 彼女の頬には、涙が流れていた。

蒼「翠星石」
翠「蒼星石が辞めないといけないなら翠星石も一緒に辞めてやるですぅ」
 声を振り絞ってそう告げた。

蒼「ごめんよ、翠星石」
翠「なんで、蒼星石が謝るんですかぁ」
蒼「君をまた泣かしちゃったからね」
翠「泣いてなんかねぇですぅ」
 もう、涙と鼻水でぐっちゃの顔で、精一杯の強がりを言う。

蒼「そうなのかい?」
翠「そうですぅ」