ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 雪が積もった日

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  体育館にて。

生徒A「冬か……」
生徒B「冬だな……」
A&B「はぁ……」

  嘆息する二人の視線の先には、呼び子を吹く水銀燈先生。

銀「ほら……さっさと四つのグループに分かれるぅ。今日はコートを二面使って、時間一杯までバスケをプレイするのよ。先生、ちゃんとチェックしているから、あなたたち手を抜いちゃ駄目よぉ」

  その声色には、いつもの艶がまるで感じられない。
  それもそのはず、今日の水銀燈は、ブランド物のロングコートの上から綿入れをはおり、首にはマフラー、頭には毛糸の帽子と、もこもこに着ぶくれながらも、膝頭をがたがたと震わせているのだ。
  懐から使い捨てカイロを落とす場面も、度々目撃されている。
  広さが自慢の一つの有栖学園の体育館。しかし、その広さが仇となって、暖房がなかなか行き届かない。
  その上、昨今の灯油価格の急騰だ。何かと出費の多い有栖学園では、ラプラス教頭が財布の紐の引き締めにかかった。
  現在の体育館の室温は、摂氏十三度。体を動かしていれば、決して我慢できない寒さではないのだが……。
  冷え性の体育教師には、辛い季節だった。
  ファッショナブルで高圧的な彼女は、どこへやら。
  透けるような白い肌。たわわに揺れる胸元。すらりと長いおみ足。

A&B「はぁ……」

  水銀党の彼らも、春が待ち遠しかった。



  一方。

巴「冬ね……ふふふふふふっ」

  こちらには、喜色ばむ女生徒が一人。

雛「わーーいっ、積もったのーーっ。みんな雪合戦するのーーっ!!」

  休み時間に数人の生徒を集め、校庭で戯れる雛苺先生。

巴「えいっ」
雛「わぷっ!」
巴「またまた、えいっ」
雛「うわぷぷっ!」

  雛苺は、たちまち雪まみれになってしまう。

雛「もーーっ、巴ったら、ヒナばっかり狙ってずるいのーーっ。ぷんぷんぷんなのよっ!」
巴「ふふふふっ、ご免なさい。面白いように命中するから、ついつい調子に乗って」

  楽しい笑い声が木霊する。
  予鈴が鳴った。

雛「さあ、みんな教室へ戻るのーーっ!」

  先陣を切って駆け出した雛苺だが、すぐに追い抜かれてしまう。教え子たちよりも寸足らずな彼女は、ちょっとした吹きだまりでも、通り抜けるのは一苦労だ。
  深い雪の中を漕ぐように進んでいると、巴がさり気なく横に並んできて、雛苺の足首をひょいと引っかけてしまう。

雛「はびゅっ!」

  自分の身に何が起こったかわからず、豪快に雪の中へと突っ伏してしまう雛苺。
  積もったばかりの新雪は、軟らかくてつかみどころがない。なかなか体を起こせずに、じたばたともがく。

雛「わふぁふぁふぁふぁふぁっ、ふぁふけへなのーーっ!」
巴「大丈夫ですか、雛苺先生」

  巴は、頬の緩みを懸命にこらえつつ、先生を助け起こし……。
  勢い余ったと見せかけて、今度は後ろへとひっくり返す。

雛「わわわわわわっ、巴っ、巴っ、助けてなのーーっ!!」

  再度、もがき続ける雛苺先生。
  巴はとうとう吹き出してしまった。

雛「もーーうっ、笑ってる場合じゃないのっ。次の授業が始まっちゃうのっ。遅れたら、また翠星石先生にどやされるのっ。さっさと助け出してなのっ!!」
巴「はいはい、これからは足元に充分気をつけてくださいね、雛苺先生」
雛「わかってるなのっ」

  そう言い出したそばから、今度は自分から深みにはまってしまう。
  ……今年も楽しい冬が満喫できそう。
  巴は苦笑しつつも、急いで先生の傍へと駆け寄っていった。