ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 混ざった世界

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 やぁ諸君。世界の果てにようこそ。
 一体どうやってこの果てまで来たのかは聞かない。
 だが、私は諸君を歓迎しよう。

 さて、諸君。いきなりの質問だが……
 世界とは一つだけであると思うかね?
 総ては一つの世界で起こっていると思うかね?

 そう世界は一つではない。
 無数に無限にある。
 諸君に話したいのはその無数に無限にある世界の一つ。
 元々彼女達は人形である世界の果てしなき隣にある世界。
 人形である彼女達が人間として存在している世界。

 可能性。そう可能性だ。
 人間として存在している世界も無数にある。
 私が話したいのはその一つ。
 人形であった彼女達が、人間として生き……
 教師という立場で働いている世界。

 何? そんな平和すぎる世界を見てなにが楽しい?
 平和すぎると言うのは素晴らしい事ではないかね?
 まぁそんな話は置いておいて……
 実は言うとね、教師だったらという世界も無数にある。
 それは些細な違いの元に無数にある。

 Aという人物が居てBと言う人物が居る世界。
 Aという人物が居てBと言う人物が居ない世界。
 まぁそんな些細な違いでもそれは別の世界。

 さて、長い前置きも終わりとしよう。
 私が話したいのは、彼女達が教師として過ごしている世界。
 しかし、少し違うのは……その世界が混じっている事。
 どう言う訳か知らないがね……
 人形である彼女達の世界と人間である彼女達の世界が混じってしまったようだ……
 原因は不明。私がした訳でもない。するつもりも無い。

 しかし結果的に、その世界が生まれた。
 人形である彼女達と人間である彼女達が共に存在する世界。
 さぁ私は、この世界の果てに来た諸君に話そうじゃないか。
 混じった世界の話を
 まぁ……私は語りが上手くないので欠伸が漏れるかもしれんがね?