ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 裏有栖学園 第四話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 数学の授業中、机の突っ伏す男子生徒が一人。
 男子生徒の名前は、桜田JUM。
 そんなJUMの姿を見てため息を零すのは、数学担当教員である蒼星石である。
 一応事情は知っているので、軽く注意の言葉をかける蒼星石。
 蒼星石の言葉に、力の無い声で返すJUM。
 さて、何故JUMはこうなったのか?
 まぁJUMは有栖学園の裏に関わりを持つ存在であり
 有栖学園を守護する一人だ。
 ちなみに昨日の夜も、懲りずに有栖学園を狙う馬鹿が来た。
 その日の当番は、JUMに加えて従者であるロスヴァイセがメンテで居らずJUM一人での戦いとなった。
 本当ならその日の当番はJUMと水銀燈だったのだが……

「あ、ごめぇ~ん。テレビ限定版くんくん~世界が静止する日~が入るからサボるわ~」

 などと言いさっさと居なくなったのだ。
 録画してるんだろう? とJUMが言えば水銀燈はニッコリと笑みを浮かべて

「録画は録画。やっぱり……生で見ないとだめじゃなぁ~い?」

 よく分からん事を言い残して今度こそ本当にJUMの前から消えた。
 まぁ、広範囲攻撃を主体とするJUMならさっさと敵を屠って……と、行きたかった所だったのだが……
 今回の敵は、やたら質が良くまた量も多い。
 に、加えて魔術師が大勢。回復役まで居るし補助役まで居る。
 一個師団と一人で戦う。
 高レベル勇者ご一行+召喚獣いっぱい(敵)と魔王(JUM)みたいな何処ゾのRPGみたいな状況に
 置かれたJUMは、マジで涙流して戦ったらしい。
 戦いの終盤に入っては「くんくんめぇええ!!!!」と、もう訳の分からん咆哮をあげて敵を屠っていた。
 そしてその結果、こうやって机に突っ伏す一人の男子生徒が、出来上がった訳だ。
 言うなれば……真っ白に燃え尽きちまった某ボクサーの様でもある。
 なお、JUMは朝のSHRから丁度四時間目にあたる今の数学の時間までズッと突っ伏したままである。
 事情を知らない英語担当教員の真紅や家庭科担当教員の翠星石からは注意が飛び(一部物理的)
 同じく事情を知らない世界史担当教員の雪華綺晶からは、何時もの軍みたいな注意が飛ばず本気で心配されたほどである。 
 そんな裏にかかわっているJUMの日常。