ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 何気ない日常

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラ「待てい、ローゼンッ!! 今日こそは……今日こそはっ、たまった書類を片づけてもらう!!」
ロ「やれやれ。毎度のことながら、しつこいな、キミも……っと、スレが落ちちゃうよ?」
ラ「な、何い!? 落とさせはせん、落とさせはせんぞぉ……って、待たんか、ローゼン!!」
ロ「あれれぇ、いいのぉ? スレが落ちちゃうよぉ……くっくっくくっ」
ラ「ききき貴様ぁ……スレを盾にするとは、何と卑劣な! 教育者の風上にも置けん……」
ロ「くっくっくっ、じゃあ、保守と書類の件は任せたよ。頑張ってねぇ~~」

  廊下の角を曲がって、見えなくなるローゼン。と、くぐもった破裂音が三発響く。
  サウンドサプレッサー付きの拳銃を携えて、雪華綺晶登場。後ろには、ぐったりしたローゼンを引きずっている。

雪「……ローゼン、仕留めた。どこへ運べばいい……?」
ラ「助かりましたよ、雪華綺晶先生。では、地下の特設自習室までお願いします」
ロ「……おおおおのれぇ、きらきぃいいいいっ、この恨みは必ずぅ、セクハラして返s」

  雪華綺晶、黙って四発目の銃弾を、ローゼンの右太ももに撃ち込む。ローゼン、完全に沈黙。

ラ「おおっと、雪華綺晶先生。上半身だけは傷つけないでくださいね。書類を処理できなくなってしまいますから」
雪「……わかってる……」

  雪華綺晶、ローゼンと共に退場。廊下にはべったりと、ローゼンの体が引きずられた血の跡が残されていた。
  保守を終えたラプラスは、バケツとモップを用意すると、慣れた手つきで廊下の清掃に取りかかる。

  そんな何気ない日常の一コマ。



  廊下をずるずると引きずられていくローゼン。

ロ「ねえ、きらきー……。お願いっ、見逃してっ」
雪「……お前に、きらきー呼ばわりされる、いわれはない……」
ロ「そんな、つれないなぁ。仮にも僕はキミの上司だよ? もうちっと優しく接してくれたって、罰は当たらないんじゃないかなぁ?」

  雪華綺晶は、横目でローゼンの傷の様子を確かめた。もう、治癒し始めている。
  口八丁な相手だ。雪華綺晶は、黙殺を決め込んだ。

ロ「ううう……うわああああああんんっ、嫌だい嫌だいっ、暗くてじめじめした地底の穴ぐらに閉じ込められて、退屈な作業を強要されるのは、嫌だい嫌だいっ、断じて嫌だいっ!!」

  いい年をした大人が、恥も外聞もなく、大声で駄々をこね始めた。
  もちろんこれは演技であり、単なる嫌がらせに過ぎないのだが、辺りの教室からは教員たちが一斉に顔を出した。

真「一体何の騒ぎなのだわっ?」
銀「うるさいわねぇ、人がせっかく真面目にやってるのにぃ」
翠「この翠星石様の授業を邪魔するふてえ野郎は、どこのどいつですかぁ!?」
金「うっかり硫酸をこぼしちゃったかしらっ!」

  血塗れの惨状を見ても、誰も驚かない。

真「とっとと静かにさせるのだわっ」

  そう言い放って、ぴしゃりと扉を閉める。
  雪華綺晶はこくりとうなずき、無造作にローゼンの襟元を締め上げた。

雪「……よく、さえずる口。もう一発食らえば、少しはおとなしくなるかな……?」

  少しこもりがちだが、耳ざわりのいい声で、淡々と物騒なセリフを吐く。ローゼンは、追従の笑みを浮かべるしかなかった。
  再び引きずられていく校長。しかし、このまま黙って引き下がるのは、彼の流儀に反する。
  せめて一太刀でも浴びせねば、溜飲が下がらない。

ロ「なので、さっそくセクハラーーっ」
雪「…………ひっ……!」

  電光石火の早業で、雪華綺晶のお尻に手を伸ばした。心地よい弾力が返ってくる。至福の瞬間。
  間髪をいれずに、銃声が轟いた。

雪「…………しまった……」

  結局、書類の山を片づけることになったのは、いつもの如くラプラス教頭だった。責任を感じた雪華綺晶も、居残り残業して手伝う。

薔「……お姉ちゃん、頑張ってるね……。お茶が入ったよ……」
翠「こいつはどえらい量ですねぇ……。仕方ねーです、このお優しい翠星石様が、少し手を貸してやるですかぁ」
蒼「うん、みんなで頑張れば、きっと今夜中に片づけられるよ」
雛「ヒナ、お夜食作ってくるのーーっ」
真「全く世話が焼けるわね……。ほら、その書類、ちょっと見せてみなさい」

  そんな心温まる、何気ない日常の一シーン。