ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 教科書が教えない歴史『エルトゥールル号』

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 日本史の授業で、一人の男子生徒がこう呟いた。
「あぁまた日本の悪口か」
 と、それは当然の事。
 教えられる歴史は、日本人が日本と言う国家に対し嫌悪感を
 持つように仕向けられた歴史なのですから。
 確かに、授業で教えられる歴史は真実です。
 まぁ、嘘のような真実も教えられますが。
 それ故に、男子生徒はそう呟いたのでしょう。
 それを耳にしてしまったのは、我らが薔薇水晶。
 日本史担当の教員である彼女は、いったん手を止めて少々考えました。

「では……教科書が教えない……歴史を勉強しましょう……」
 考えた結果、薔薇水晶はそう告げました。
 その言葉に、え? と、少々驚きの表情をする男子生徒とその他の生徒達。
 ただ、JUMだけは……
「結構為になるんだよなぁ……コレ」
 などと、思って居たりします。まぁ彼は、薔薇水晶と色々と深いつながりがあるので
 そう思っただけなのかもしれませんがね?
 とにかく、薔薇水晶は自分の日本史の教科書を閉じ
 黒板に書かれた文字を黒板消しで消した後
 新たに、黒板に書き込み始めました。

【トルコ人が日本を好きになった理由】

 と、黒板にかかれました。
 この一文を見る限り、これのドコが教科書の教えない歴史なのか?
 と、生徒達は首を傾げます。

「……では……説明しますね……」

 そんな生徒達の様子を見て、口元にわずかな微笑みを浮かべながら薔薇水晶はそう告げます。

「トルコは、アジアとヨーロッパの中間に位置しています。
 だから、トルコはアジアとヨーロッパの文化交流点となっています……」

 黒板にトルコと書かれる。

「トルコの人々は、親日家が多いので、どこの国に行きたいですか? と尋ねれば十人中九人が日本と答えます」

 トルコと書かれた下に、トルコの人=親日家が多い。と書かれる。

「こうなった、最初のきっかけは……エルトゥールル号の遭難と言う事件です……」

 少々大きめに、エルトゥールル号の遭難と書かれる。

「十九世紀末……ごく最近の出来事ですが……丁度日本では、明治新政府が誕生……」

 黒板に、十九世紀末とかかれ、日本は明治新政府誕生とかかれる。
 そこに付け加える様に、オスマン・トルコ帝国とかかれ、日本と同じような立場とかかれる。

「天皇を中心とした新しい政府をつくる……その為に、政治や社会の改革……貴方達が習った明治維新がそれです……
 その時のトルコも同じ様な立場でした……日本もトルコも同じ様に国内改革を進めていきます……
 対外的にヨーロッパ列強に対して平等な扱いを認めさせようと努力……」

 ヨーロッパ列強に認めさせようと努力と、トルコと日本から矢印が引っ張られる。

「当時のアブドル・ハミト二世は……明治天皇へ特派使節としてオスマン・パシャ提督を選び……日本へ派遣」

 トルコから日本へと矢印が引っ張られ、特派使節の派遣と書く。

「トルコの使節団……総勢六百五十人……エルトゥールル号に乗り込み一年かけ遠路はるばる航海……
 千八百九十年六月五日……横浜に到着……その時日本は、到着した一行を手厚く歓迎」

 トルコ使節団六百五十人と書かれる。

 「目的を果たした使節団一向は……丁度日本の台風シーズンである九月の十五日……帰国の途に着きます……
 日本関係者は……台風の事もあり危険だと言い、帰国を遅らせるよういいましたが……
 オスマン・パシャ提督は『私たちにはアラーの神の守られ、インド洋の荒波を越えてやって来たのです。
 心配には及びません』と告げ、出航……」

 台風シーズンに出国と書かれる。

「しかし……無事に国に帰ることは……できなかったのです……
 エルトゥールル号は神戸に向かって航海中……台風に遭遇し……
 和歌山県大島の樫野崎沖にて難破……そして沈没……」

 台風直撃、エルトゥールル号難破・沈没と書き込まれた。

「オスマン・パシャ提督を含む……五百八十七人……半分以上が死亡……
 生存者六十九名……その翌日未明……流れ着いた人々は……地元大島の村人に救われます……」

 六百五十人とかかれたところに、五百八十七名死亡・六十九人生存と書かれる。

 「この大惨事に……日本は、生存者の救助・介護・犠牲者の遺体・遺品捜索・エルトゥールル号の引き揚げ……
 事後措置を官民あげて手厚く行ないました……義援金の募集が広く行なわれ……
 樫野崎に慰霊碑も建てられました……生き残った六十九人は……
 日本の軍艦「金剛」「比叡」により丁寧に送還……」

 日本からトルコへ矢印がひかれ、生存者六十九名、金剛・比叡による送還と書かれる。

「イスタンブールの海軍博物館には……今も……エルトゥールル号の遺品や日本で作られた追悼歌の楽譜が展示されてます……
 日本の手厚い事後措置に……トルコの人達は感激しました……
 これ以来、今日までに日本とトルコは深い友情で結ばれているのです……
 これが……教科書が教えない歴史の一つです……」

 薔薇水晶が、そういい終わると丁度良く授業終了のチャイムが鳴る。

「あと……今度の試験で……これ出しますよ……」

 との言葉に、ゲッと不味いものを食べたようになる生徒達。
 慌てて、黒板にかかれた事をノートに書き込み始めた。
 そんな日本史の時間。

 後日の試験で、この問題が出され。
 最後の方に「この事件を見て貴方はどう思いますか?」の質問に
 日本の悪口か……と呟いた男子生徒はこう書き込みました。
 「日本もまだまだ捨てたモンじゃない」
 と……