ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 真紅と警官

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真紅は学校が終わったので歩いて家に帰っています。
真紅(早く帰らないとくんくん探偵(再)がはじまってしまうのだわ)
すると後ろから声をかけてくる人が。
警官「おや、真紅(しんぐ)先生。今日はもうお帰りですか?」
真紅「ええ。本官さんはパトロール。」
警官「もちろんであります!この町の安全が本官の勤めでぃすから。」
十数年自転車に乗っているが、相変わらず危なっかしいです。
真紅「ご苦労様」
警官「学校のほうはどうでぃすか真紅先生?不良生徒なんかいたりするとが?」
真紅「不良生徒より教師のほうが問題だわ。」
東北弁訛りが激しいこの警官のイントネーションが真紅は嫌いではないようです。
警官「そこは、真紅先生がガツーンといえばなんとがなりまずよ~。」
おや、まえを歩いていた生徒たちが喧嘩を始めました。
警官「こら~!そごの生徒たち!喧嘩をやめんかー!」
警官は自転車を力強く漕ぎ出すも、それに気づいた生徒たちも走って逃げます。

ガッシゃーン!
警官が転んでしまいました。「いででで。こらー!までー!」

真紅はというと家路に一直線。警官ともすでに別れていました。
真紅(くんくん・・・)


しかし真紅は大変なことにまだ気づいていなかったのです。nのフィールドに迷い込んでいるという大変なことに。
そしてそのnのフィールドの主は

「3ね~んBぐみ~! き~んぱちせんせ~~! わーーーー」
FIN