ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 雪華綺晶の悩み事

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中休み、職員室では 皆 お茶を飲んでいた。
「2度ぬるいわ」
「もっともっとですぅ!」
色んな声が聞こえた。とても楽しそうな…

雪「はぁ…」

愉快な職員室の中、一つ、溜息が聞こえた。
蒼「どうしたんだい?雪華綺晶。」
蒼星石さんが来た。
雪「そ…蒼星石ぃ」
蒼「?」
雪「あのね、」
雪華綺晶は、きちんと姿勢を正して 蒼星石にナヤミを話した。

雪「あのね 私ね、人気ないと思うの。」
蒼「何でだい?」
雪「それは…私、アニメで喋ってないし、約7秒しか出演してないし、名前も紹介してないし、名前が難しいし、グッズもア○メイトで売ってないし、”あの”金糸雀より出番少ないし…(以下省略)」
蒼「はぁ…それは酷い…」
―ガラッ―
金「雪華綺晶先生!授業遅れてますですかしらぁ」
雪「あっ」
雪華綺晶は、慌てて授業の準備をした。
金「それと、カナの目は、誤魔化せないかしら。」
雪「ビクッ」
金糸雀は雪華綺晶に 勝負もしていないのに、勝ったように言った。
金「カナより出番が少ない? それはあんたが アピールしようとしないからかしらん」
金糸雀は、『アピール』にすごい発音をした。
雪「ギクリ」
蒼「ぼ…僕はここで…ハハ」
蒼星石は、苦笑いをして、去っていった。
金「フフフかしら」
雪「な…何ですか…?」

雪華綺晶の顔に汗がひとつたれた。
雪「うぐぐ・・・」
翠「さっきからゴチャゴチャうるセーですぅ」
ロ「何してるんだい?」
雪&金「あの…」
金「雪華綺晶先生が虐めるかしらーうわぁぁぁん」
金糸雀は嘘泣きをした。
雪「違います!金糸雀先生が私の出番を盗るんですぅ」
ロ「君たちは…それ以上五月蠅くなったらクビだYO?」
雪「だってぇ」
金「かしら……」
翠「ふふふ」
金&雪「水銀燈!!!!!」
銀「あらぁ…バレちゃったぁ?」
ロ「チッ」
金「こうじょーーーーーーーーー」
金糸雀は泣いた。