ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 修理

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼星石先生~、パソコンの調子が悪いんで見てくださ~い



どーれ、カナに任せるかしらーーっ。
ここをこうやって、こことここをつなぎ換えて……ええっとぉ……何か焦げくさいのは、きっと気のせいかしらーーっ。

脱兎。



雪「・・・えいっ。」(ちょっぷ)

「システムを初期化しています・・・しばらくお待ちください」

雪「・・・人は失敗を重ねて成功を得るのだ。」

そして逃走。 「疾きこと風の如し!」



ふふふっ、仕方ないわねぇ、私が見てあげるわぁ。
どれどれぇ……ふぅむ、この2ギガのメモリーが焼けついているみたいねぇ……。
ちょうど持ち合わせがあったから、この256メガのメモリーと交換してあげるわぁ。

銀様は、2ギガのメモリーを持ち逃げした!



銀「うふふ、パソコンをグレードアップするのは楽しいわぁ。
  ・・・ついでだし皆のPCからもちょーっとメモリー貰っちゃおうかしら・・・」

銀様は学校中のPCから1ギガづつ持ち逃げした!

銀「おーほっほっほっほ。見なさい、私のPCを!
  メモリー100ギガの化け物PCよぉ!」

真「・・・水銀燈。私たちのPCに何かしなかったかしら?」

銀「知らないわぁ。・・・あえていうなら思い出をいっぱい貰ったことくらいかしらねぇ。」

真「???」



……えっ、私ですか? ……じゃあ、見てみますね……どきどき……。
……ええと、まずは全体を赤で塗装して、天板には角飾りを接着してと……ふぅ、できました……。
……我ながら、なかなかの力作だと思います……うっとり……。

しかし、ケースが派手になっただけで、三倍速くなったりはしなかった!