ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki きんきゅうあげ&ほしゅ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「緊急あげかしらーっ」
「それ……なんて揚げ物?」
「何でも食べ物に結びつけるなかしらー!」



翠「これが巾キュウ揚げですぅ。」

雪「何コレ?」

翠「巾着揚げの中にキュウリが入ってるですぅ。」

雪「む、(ボリボリ)・・・翠星石、キュウリにも味をつけてくれ・・・」

翠(ふぅ、他の人で試さなくてよかったですぅ・・・)



「ほしゅかしらー」
「それ……何てお酒?」
「だから何でも(ry



元「ほしゅ・・・補酒のことか?それなら少し待っていてくれ。」

元「これが『補酒』じゃ。戦時中は物価が高くてのぅ・・・アルコールが少ない酒しかなかったんだよ。」

雪「だが悪酔いしにくそうですね。戴いても宜しいですか?」

元「おぉいいぞ。今日はこれで酒盛りでもするか!」

雪「是非!」

ロ「酒かい?私も・・・」

ラ「仕事を終わらせてからにしろ!」



雛「きらきしょーーっ、ヒナも金キュウ揚げを作ってみたのっ。味見してなのーーっ」
雪「……………………えっ……?」
雛「どしたの? さっそく食べてみるのっ」
雪「……う、うん……(……何か、発音が引っかかったけど、きっと気のせい……)」

  懐から愛用の箸を取り出す雪華綺晶。と、そこへ翠星石がやってくる。

翠「おーい、おめえらーーっ、金糸雀の奴は見なかったですかぁ?」
雛「ううん、ヒナ知らないのーーっ」
翠「全く、一体どこをほっつき歩いてんだか。校舎を上から下まで捜したんですよーっ。学園の外ですかねぇ? 雪華綺晶、おめーは知らないですか……って、どうしたです? 何だか顔が真っ青ですけどぉ」
雪「…………う、ううん、な、何でもない…………」

  翠星石は、慌ただしく出て行った。

雛「さ、冷めないうちに食べてみるのっ」
雪「…………う、うん…………」

  こんがり狐色に揚がった天ぷらを、一つ箸でつまみ上げる雪華綺晶。どうやら、たんざく切りにしたキュウリを、何か弾力のある素材で包んであるらしい。

雪(……まさか……そんな、いくらなんでも……)
雛「どしたの? 今回のはヒナの自信作なのーーっ。据え膳食わないなんて、きらきしょーらしくないのっ。ささっ、たーんと召し上がれなのーーっ。……ふふふふふふふふふふふふふふふふっ……」

  雛苺の妖しげな微笑みに、雪華綺晶の思考が、ぐるぐると渦を巻く。

雪(……まさか……そんなことってっ……………………金糸雀先生、こんな変わり果てた姿に…………いくら私が、出されたものは残さず食べるのが身上だからって……………………で、でも、これを食べずに残してしまうと、金糸雀先生の尊い犠牲が、全くの無駄になってしまう……)

  雪華綺晶は、意を決した。ごくりと喉を鳴らすと。ぱくりっ。もぐもぐもぐもぐ……。幾度も噛みしめて味わう。
  衣の中から、濃厚な肉汁が口いっぱいにあふれ出した。さっぱりとしたキュウリとのハーモニーが絶妙だ。
  彼女の舌は、食に対して、どこまでもまっすぐだった。

雪(……ああっ、金糸雀先生が、こんなにも美味しかったなんて…………)
雛「き、きらきしょー、どうしたなのっ? 泣くほど美味しかったのーーっ?」



金「ふぅ……ちょーーっとコンビニまでお菓子を買いに出たら、ばったりみっちゃんと出くわしてしまったのかしらーーっ。解放されるのに、えらい時間がかかったわ……って、雪華綺晶、どうしたかしらーーっ? まるで幽霊にでも出合ったみたいかしらーーっ」

雛「金キュウ揚げの正体? よくぞ聞いてくれましたなのっ。これは、翠星石の菜園で採れたばかりの新鮮なキュウリを、銚子から取り寄せた特上の金目鯛の切り身で包んだものなのーーっ。肉汁を閉じ込めるために、あらかじめ切り身を火であぶっておくなど、とぉーーっても手間がかかっているのよーーっ……」

  雪華綺晶は、安堵のあまり、その場にへなへなとくずおれた。
  しかし、それからしばらくの間、金糸雀の顔を見るたびに、だらだらとよだれをあふれさせ、周囲を驚かせたという。