ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki hi-lite

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昨夜から続いた雨は、昼前には既に止み、空は灰色に支配されている。
その灰色の世界のもと、有栖学園の屋上に彼女は居た。

おもむろに、彼女はポケットから、くすんだブルーのパッケージの煙草を取り出した。
その一本をくわえ、着飾る彼女にしては珍しい、ただの100円ライターの火をともす。

曇り空に、紫煙が浮かぶ。
やがては消えゆく、儚きもの。

「ここに居たのね、水銀燈」
「なによぉ、息抜きしちゃいけないのぉ?」
「別に。まぁいいわ、丁度いいから私もお一つ頂戴してよろしいかしら?」
「…はぁい」

そう言って、彼女は煙草とライターを差し出す。

少しずつ、コバルトブルーに染まってゆく曇り空に、二つの紫煙が浮かぶ。
複雑に絡まりながら、やがては消えゆく、儚きもの。

「たまには、こういうのもいいかもしれないわね」
「あらぁ、貴女もサボりぃ?」
「ええ、たまにはね」
「ふぅん……」

屋上に、灰色の世界を切り裂く光が差し込み、彼女達を照らす。

ここは、もっと陽のあたる場所。
彼女達のための舞台。