ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki ゆめくい

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雛 うとうと……。

雪「…寝たら死ぬぞ」

翠「そうですう!ここで寝る奴は『夢くい悪魔バークー』が出てきて夢を食べちゃうですぅ。
  食べられた奴はもう夢を見ることはできなくなるですぅ!」

雪「……夢って、食べられるの……? どんな味がするんだろう……? ……じゅるり……」

翠「夢の味はですねぇ・・・いわゆる夢のドリーム味ですぅ。・・・どうでしょう、解説の蒼さん」

蒼「どうでしょう!」

次の日。今度は翠星石が寝ていた。

翠「…………はっ……! ななな何かとんでもない夢を見たですっ。 きらきしょーの奴が唐突に夢の  中に現れて……
  それから……えーと、それから……あれれ? 何も思い出せねーです……………………」

翠「って、雪華綺晶!おめぇ何で翠星石の前でナイフとフォークを構えてるですぅ!」

雪「チッ・・・(夢の味を確かめるチャンスだったのに・・・)」

翠「…………はっ……! ままままたとんでもない夢を見たですっ。
 翠星石は、夢の中で夢食い悪魔バークーに襲われたですっ。あわやというところにきらきしょーが駆 けつけて、バークーを退治してくれたですぅ。
 その後、きらきしょーはサバイバルナイフを取り出すと、
 バークーを手際よく解体して…………って、えっ、えええっ……?」

雪「……すー……すー……」

薔「……お姉ちゃん……? お姉ちゃんがお弁当の時間に起きない……? こんなこと、
 今まで一度だってなかったのに…………お姉ちゃんっ……お姉ちゃんっ……!」

雪「……うーーん、もうおなか一杯…………すー……すー……」

蒼「スイカ30個食べても満腹しなかった彼女を満腹させるとは・・・」

真「何トンあったのかしら・・・そのバークーとは・・・。」

雪「すー…すー・・・むにゃ、今度は象も食べてみよう・・・zzz」

薔「……どうしよう……夏だから、お弁当が傷んじゃう……こんな大きなお弁当箱、
 業務用の冷蔵庫でないと収まらないけど、夏休み中で、学食のも調理実習室のも電源が落とされてるし……
 ………………大丈夫か、お姉ちゃんなら……てへっ♪」

 二時間後。
雪「……おなか空いたー……」
 いつものお弁当箱を、完食。

彼女の胃袋の秘密は現在どこかのページで語られている・・・探されよ!