ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 予告全集

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『旧友』

?「えーと…玄関を右に曲がって、3つ目の…」
翠星石「チビ苺!なーにそんな所で突っ立ってるですか!!さっさと中に…あれ?お、おめーは一体…?」
?「…ちょっと!いきなりレディの頭をはたくなんて、失礼ね!」
翠星石「な…なーにがレディですかっ!全く、礼儀の知らないガキンチョですぅ!ほれ、初等部はこっちじゃないですよ。さっさとママのところにでも戻りやがれですぅ♪」
?「なっ!礼儀知らずはどっちよ!これでも私は…!!」
真紅「全く…朝から騒々しいわね…。一体何の…」
?「…真紅!?真紅なのね!!よかった!!もうずっと会えないと思ってたわ!!勝手に居なくなっちゃうなんて酷いじゃない!!」
真紅「え…?嘘…!?そんな…あなた、まさか…」
翠星石「ん?何だ…真紅の知り合いですか…。えっと…」
真紅「…紹介するわ。この子は…」

真紅「次回、ローゼンメイデンが教師だったら…。その旋律は夢見るように…」









『熱血少女(仮)』

翠星石「水銀燈…おめー、こんなトコで一体何してるですか?またF組の委員長が、おめーのこと探してたですよ?」
水銀燈「…だからこうして隠れてるんでしょう…?全く、何であの子は毎日毎日飽きもせずに勝負を挑んでくるのよ…。これじゃ、何も出来ないじゃない…」
翠星石「…おめー、また恨みを買うようなことしたんじゃねぇですか?例えば、右足の靴紐と左足の靴紐を結んで転ばせたとか…」
水銀燈「バカじゃない…?私はあなたみたいに幼稚な事は…」
翠星石「おっ…そんな事言うのなら…おーい!委員長ー!!水銀燈なら、ここに居やがるですよー♪」
水銀燈「あ…後で覚えてなさい…!!」

翠星石「次回、ローゼンメイデンが教師だったらby名無し」
水銀燈「その旋律は夢見るように…」









自"子"中

翠星石「全く…!Aの親だけは、どうにかならないですか!?いっつもいっつも翠星石たちに責任を押し付けやがって!!ああいう大人がいるから、世の中がダメダメに…」
水銀燈「…。」
翠星石「ん?おめー、またタバコ吸い始めたですか?あれだけ『もう絶対吸わない』って豪語してやがったのに、ほーんと意志の弱いやつで…」
水銀燈「…。」
翠星石「い、いや!翠星石はおめーの健康を心配して言っただけであって、別にそれ以外の意味は…あ、あれ?おーい、水銀燈ー!校内で歩きタバコなんかしてたら、また薔薇水晶に怒られるですよー!それに、そんな怖い顔して一体どこに…あー!もう!!」

翠星石「次回、ローゼンメイデンが教師だったらby名無し…その旋律は夢見るように…ですぅ!」













『体育祭』(仮)

来たわ来たわ来たわ!ついにこの時がきちゃったかしらー!!
この前の球技大会の勢いをそのままに、今度の体育祭も有栖学園一の頭脳派、この金糸雀が楽してズルして優勝いただきかしらー!!
まあ、雪華綺晶や薔薇水晶…それに真紅や蒼星石、水銀燈はちょびっと手ごわいかも知れないけど翠星石は…へ?水銀燈は欠席?
よぉーし!これこそ千載一遇のビックチャンス!みんなまとめて、この金糸雀がとっちめちんよー!!

次回、ローゼンメイデンが教師だったらby名無し!
その旋律は夢見るように…かしら♪