ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 青春謳歌

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

男子A「・・・なぁ皆。最近俺は考えてることがあるんだ。」
男子B「なんだよ、言ってみろよ。」
男子A「こうやって、先生達のファンクラブがあるが・・・」
男子C「当たり前だろ!うちの教師は美人が多いからな。」
男子A「俺たちは・・・本当に好きなら、告白すべきじゃないのか?」
男子D「・・・よく言った!おまえは今日から漢(おとこ)Aだ!」
男子+女子の一部「いざ!」
教員一同(ゾクッ・・・寒気がする・・・)
翌日、あまりのショックに不登校になる生徒が続出したとさ。
数日後・・・
漢A「俺達がやったことは正しかったんだよな?」
男B「ああ。だが、ハードルが高すぎた。」
漢A「基本的に男*って欲望に忠実だよな・・・。」
男B「嫌なくらいにな・・・。」
漢A「んでもって、おれはよく、どこにでも居るよな。」
男B「嫌なくらいにな・・・。」
漢A「登場回数多くても出世は無いんだな・・・。」
男B「スレの主役は俺らじゃ・・・ないんだ・・・。」
漢A「・・・切ないな・・・。」
男B「・・・ああ、とっても・・・。」
漢A「・・・電話、またするから・・・おまえも頑張れよ・・・。」
男B「ありがとう・・・。」
こうして、また世界のどこかで友情は深まっていく・・・。