※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

sae 0
紗枝0

1
esk sort sedor fai e dialiiva kont erek di kaam e xe mana l'enar xed lein mol jan dolf.
青色の雨がディアリーヴァの炎を消してゆく。灰色の空の下で肌をさらけ出して泣く少女の頬を伝いながら。
gradgrad, i keft, xe mana rikes halmain e nos. lu demsor ok ena kont ares testeelnia hal siz e zom l'at gaabe e bal e ra luut sa galti.
ガラガラ。瓦礫から覗いている少女の上半身。少女は涙を流しながらさっきまで家の壁だった木の板の上にぺたんと座り込んでぼんやりしている。

see xe alnaat or frem a lu ok abe fir/han, ev tu rot flel luut xed rens. tal lu mana demsor se xal yun lu en xakles niitna e la alnaat.
そこに青年が白い大きな布を持って近づき、無言で肩から掛ける。それでも青年の気遣いに気づいていないかのようにぼんやりしたままの少女。
alnaat se seer nekt sati e lu reiyu, ar kit reiarens kor lu enan.
青年はそっと少女の裸身を覆い、泣いている少女に呟いた。
@tur, laas leeves. olta aven, ti tur vind`
「もう彼らは去った。少なくとも君は安全だ」
alnaat, ok lapx, inik mol, xaklik lu min til eri on tolk fir/hoomi. see lu lok la enar it en main hot tal na tan.
青年はため息をついてうつむく。すると少女の白くしなやかな太ももに血が付いているのに気づいた。少女の泣いている理由は体だけでなく心にもあるのだろうと彼は思った。
@la#dyussou sot ti man risat ti vort sil, ti ser`
「あい……あの方は君が死ぬのを恐れてやったんだよ」
@non#`
「私は……」
tu foni, mana homik kuo du kalis. xef fir luut ik rik i sex le tur sort al eskrein sorter.
その瞬間、少女はわずかに口を閉ざす。非情な雨の筋によって青ざめた唇から白い息が漏れる。
@#es avelant#sete#`
「……死神に……なったんですね……」
du foni, lu alnaat eleina nak pels al ixn daz, tal s'ai lu wikik se seer a la yunk lenas.
当然の質問に、不器用な青年は一瞬困惑を覚える。だが、結局そっと頷いて可哀想な少女に応える。
@papa#la xa am#?`
「パパは……パパはどこ……?」
kont dapt se fuo, alnaat apia xe flia soret le faxes kaan luut se visp. hayu yunk melfik lu ok vena.
青年は酷く顔をしかめて彼女の父親を宿した青い水晶を示す。少女は泣き叫んで父に抱きついた。
@ol#ti rik lax lu it atu, son ans xir flia le til viid luut, sae`
「もしも……彼をここから出したいのなら、私たちには彼のヴィードを含んだ水晶が必要なんだ、紗枝」
se hap, lu yunk koltik fia man la kuk est luut.
少女は名前を呼ばれてはっとして我に帰る。
@#tyu rensik tur#en an tet ans?`
「……あなた、今……“私たち”って?」

2
@an sot se mon a`
「確かにそう言った」
@tet#es?`
「でも……どうして?」
@sa tu, an asm lax xe a ti lex ti lax lu se me?`
「その前に聞きたいことがある。彼を元に戻したいか?」
sae wikik s'ask xed zir. ins lank luut es har se komo yun tu apia lu til anver vart a retl le despat kaan luut. see lu sordat komisik fiina la, evik las al erim e nos.
紗枝は迷うことなく即座に頷いた。なぜか――まるで父親を封印した敵に凄まじい怨念を抱いているかのように彼女の左目が赤くなってゆく。青年は少女に跪き、胸に手を当てる。
@lanvem#?`
「青鴉……?」
@dyussou alhaik xaklates xal ant im le, sae. tal la venat an se vox lana fonl nos vix na tiil. tur, an balt van xilius tisee`
「アルハイク様はあのとき私の存在に気づいていた。だが彼は君を傷つけないようあえて見逃した。今度は私が借りを返す番なんだ」
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|