謎のアナウンス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

謎のアナウンス「皆様お疲れ様です。いよいよ残り4名となりました。先ほども申し上げましたが、この中で生き残れるのは3名のみです。それではどうぞ、続きを始めてください。」 

山田「い、いつまでこんな下らないゲームをさせるつもりなんだ!」 
山田の貧乏ゆすりが、4人の囲む円卓を小刻みに揺らした。 

吉田「だからぁそんなこと言ったって仕方ないでしょ?」 

橋本「吉田は本当に楽観的なんだな。」 
橋本が吉田を軽蔑するような目で見た。 

俺「なあ、喧嘩してる場合じゃなくて、今はどうやってこの4人で生き残れるか考えるべきだろ?」 
俺は他の3人をたしなめるように言った。 

山田「ろくでもないこと言ってんじゃねぇぞ、このガキ!」 
俺の説得もむなしく、突然激昂した山田が円卓を強く叩いた。

吉田「きゃっ!?山田さん落ち着いてくださいって 

橋本「テーブルが壊れるだろ、キレてんじゃねーよぉ!!!」 

俺「落ち着いてくださいよ俺、もう限界です 
俺が落胆してそう呟くと、一転して場が静まり返った。 

山田「すまない。俺には守るべき家族がいるんだ
だから、こんな所で死ぬわけにはいかないんだ 

吉田「大丈夫よみんな頑張りましょう!」 
山田の反省の言葉に、吉田がそう続けた。 

橋本「うん、そうだな。俺こそ申し訳なかった。
良い大人が情けないことを言ってしまったもんだな
橋本はそう言い、恥ずかしそうに下を俯いた。 

張り詰めていた空気が和み、思いつめていた気持ちが緩まると、
俺は思わず目に涙を浮かべてしまった。 

俺「そうそうみんな仲良くしよう。
そして協力し合って、みんなが生き残れるように考えようじゃないか!!」 
俺は目に溜まった涙を拭うと皆の顔を見ながらそう言った。 

だが。突然、皆の顔がニタァと不気味な笑みを浮かべた。
その瞬間、俺は気づいてしまった。 

俺「しまった!」 

謎のアナウンス「大変お疲れ様でした。ここで、ようやく最後の犠牲者が決まりました。」
                                                                                    
【解説↓】
                            
                             
    
     
    
     
    
     
    
     
    
     
    
     
    
     
    
     
    
    

「どうぞ、続きを始めてください」とは、しりとりのこと。

よく見ると皆の会話の内容がしりとりになっている。

しかし、「情けないことを言ってしまったもんだな...」の後に「俺」が「そうそう」と続けてしまっている。