GDE > Examining


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

デフォルトGDの検査

       *** TEMPLATES ***
 
           Def Rec Key Null
   Region  Coll Size Size Subs Journaling
   ------------------------------------------------------------------
   <default> 0 256 64 N N
 
   Segment Active Acc Typ Block Alloc Exten Options
   -------------------------------------------------------------------
   <default> * BG DYN 1024 100 100 GLOB =1024
   LOCK = 40
   <default> MM DYN 1024 100 100 DEFER
   LOCK = 40
 
       *** NAMES ***
   Global Region
   ---------------------------------------
   * $DEFAULT
 
           *** REGIONS ***
 
          Dynamic Def Rec Key Null
   Region Segment Coll Size Size Subs Journaling
   -------------------------------------------------------------------
   $DEFAULT $DEFAULT 0 256 64 N N
 
       *** SEGMENTS ***
   Segment File (def ext: .dat)Acc Typ Block Alloc Exten Options
   -------------------------------------------------------------------
   $DEFAULT MUMPS BG DYN 1024 100 100 GLOB=1024
   LOCK= 40
   RES = 0
  
  
       *** MAP ***
   - - Names - - File
   From Up to Region Segment (def ext: .dat)
   --------------------------------------------------------------------
   % ... $DEFAULT $DEFAULT MUMPS
   LOCAL LOCKS $DEFAULT $DEFAULT MUMPS
  
  
       *** TEMPLATES ***
          Def Rec Key Null
   Region Coll Size Size Subs Journaling
   --------------------------------------------------------------------
   <default> 0 256 64 N N
 
   Segment Active Acc Typ Block Alloc Exten Options
   --------------------------------------------------------------------
   <default> * BG DYN 1024 100 100 GLOB =1024
   LOCK = 40
   <default> MM DYN 1024 100 100 DEFER
   LOCK = 40
 
       *** NAMES ***
   Global Region
   ---------------------------------------
   * DEFAULT
 
       *** REGIONS ***
          Dynamic Def Rec Key Null
   Region Segment Coll Size Size Subs Journaling
   --------------------------------------------------------------------
   DEFAULT DEFAULT 0 256 64 N N
 
       *** SEGMENTS ***
   Segment File (def ext: .dat)Acc Typ Block Alloc Exten Options
   --------------------------------------------------------------------
   DEFAULT mumps.dat BG DYN 1024 100 100 GLOB=1024
   LOCK= 40
   RES = 0
 
       *** MAP ***
   - - Names - - File
   From Up to Region Segment (def ext: .dat)
   --------------------------------------------------------------------
   % ... DEFAULT DEFAULT mumps.dat
   LOCAL LOCKS DEFAULT DEFAULT mumps.dat

GDにある5つの主要なセクション

  • TEMPLATES
  • NAMES
  • REGIONS
  • SEGMENTS
  • MAP

TEMPLATES

  • GDの、このセクションは領域かセグメント定義の一部としてGT.Mに通過されたあらゆるデータベースかファイルパラメタにデフォルト値を提供します。
  • それは、これらの必要な値の1つが明らかに定義されないところで、領域かセグメント定義を終了するのにGDEによって使用されます。
  • 新しいGDが最初に作成されるとき、Fidelity(忠実性)はデフォルト値を提供します。
  • または、次に、あなたは、好個を使用することで値のどれかを変えることができます-- REGION、--TEMPLATEとのSEGMENT資格を与える人は命令します。

NAMES

  • Mプログラムは、モノシリック(一枚岩的)なグローバル変数のネームスペースを見ます。
  • GDのNAMESセクションは、異なったグローバルが異なったファイルに存在することができるように、ネームスペースを区切ることに使用されます。
  • それぞれのMグローバルは、ひとつのファイルに存在し、それぞれのファイルは、多くのMグローバルに保存することができる。

REGIONS

  • 領域セクションは、GDにおける領域のすべてを記載(リスト)します。
  • 各領域はすべてのMグローバル変数のために、共通のプロパティを定義します。 したがって、NAMESセクションからの複数のセットの名前を、単一領域に写像できます。
  • 個々の領域を、作るか、または、変更する時、適切な資格を与える人を指定することによって、これらの値を割り当てます。
  • 特定のパラメタに値を指定しないならば、GDEは、TEMPLATESセクションからデフォルト値を割り当てます。

SEGMENTS

  • GD内のこのセクションは、現在の定義されたセグメントを記載(リスト)します。
  • 領域がグローバル変数の特性を指定している間、セグメントは、ファイルの特性を指定します。
  • 領域とセグメントの間には、一対一マッピングがあります。
  • 個々のセグメントを作成するか、または変更するとき、適切な資格を与える人を指定することによって、これらの値を割り当てます。 あなたが特定のパラメタに値を指定しないなら、GDEはTEMPLATES部からデフォルト値を割り当てます。

MAP

  • GDの中のこのセクションは、ファイルための、セグメントのための、領域のための、名前の、現在のマッピングをリストアップします。
  • デフォルトGDには、2つの系列がこのセクションにあります: 1つはすべての全文対象に目的地を指定して、もう片方がローカルの錠のためのものです。 あなたが何か新しいマッピングコンポーネント定義(すなわち、どんな新名、領域、またはセグメントも)を加えるなら、このセクションはそのマッピングの現在の状態を表します。 まだ定義されていないマッピングのどんな成分も、「なにも」を表示します。 GDEがマッピングのすべての要素を必要とするので、あなたのあなたまでのGlobalディレクトリは定義されています、あなたがEXITにできるようにならないという(節約してください)ことになるようにすべてのマッピングを完成します。

GD省略形







|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|