たけしの挑戦状

「たけしの挑戦状」は、1986年12月10日にタイトー(現・スクウェア・エニックス)が発売したファミコン用ゲームである。

概要

ビート・たけし監修作品。タレントゲームの幕開けとなった作品でもある。
当時のたけしがファミコンに熱中しており、「今までにない独創的な発想を入れたい」というコンセプトが意図され、斬新な内容となってる。

常識的に見るとかなり難しいゲームとなっており、たけし自身も「 今までのゲームと同じレベルで考えるとクリアー出来ない 」と語っている。

斬新なゲーム内容

主人公がある島に眠っているという財宝を探しに行くという内容。主人公は薄汚れた町並みに住む世帯持ちサラリーマン。
ふとしたことから宝探しの情報を聞き出し、本格的な宝探しに行くためには、周到な準備をする必要がある。
「離婚届を出す」「退職届を出す」「恩人を倒す」「カルチャークラブで技能を修得する」 など理不尽極まりないもの。
手順を間違えると島に着く直前で飛行機が 「なぞのくうちゅうばくはつ」 を起こしてしまいゲームオーバーになる。

「パチンコの最中にIIコントローラーのマイクで喋る」
「何も操作をしないで1時間放置する」 などリアルタイムにも大きく絡んでくる攻略が数多く存在する。

「敵味方なく全ての登場人物を殴れる」
「ゲームオーバーの場面が主人公の葬儀」
「ゲームを始めてもいないのにゲームオーバーになってしまう選択肢がある」
など数え切れないほどの理不尽な要素がある。

裏話

上記のように理不尽な要素が多い為、攻略できない子供が続出。そういったこともあって攻略本を発売。しかし、難易度から発売された攻略本が役に立たず、400件の苦情電話が殺到し、 「担当者は死にました」 とうその応対をしたらしい。その後、攻略本の二冊目を作ることになった。

たけし自身もテレビなどでネタにしており、「龍が如く6」の会見では「(攻略本の件で)社会問題になった」など裏話をいくつか披露した。