デンガー

デンガーは「スターウォーズ」に登場する賞金稼ぎである。その風貌から「包帯おじさん」と呼ばれている。
CV:楠大典(クローンウォーズ)、サイモン・ペグ(バトルフロント、クローンウォーズ)、?(バトルフロント日本語版)

概要

惑星コレリア出身。
クローン戦争時は、ボバ・フェット、ボスクなどの賞金稼ぎと手を組み、輸送警護任務を行った。その際、やたらアサージ・ヴェントレスに声を掛け捲っていた。
その後、ラジィやエンボと共にハット評議会の警護に当たったが、ダースモールたちに破れ早々逃げていく。

帝国時代ではボバ・フェット、ボスクらと共にソロたちを生け捕りにする任務に就いた。

活躍

クローンウォーズでは二度ほど登場しており、1回目の登場ではオチュア・ブランク卿の大切な“荷箱”を守る任務に就いた。映像化されている登場作ではもっとも活躍しており、ケイジ・ウォリアーと戦いを見せた。
2度目の登場は、ハット評議会の用心棒として登場。これといった活躍はなく。ダースモールにやられ逃げ出した。

実写作品ではエピソード5に出演。ボバ・フェット、ボスク、IG-88、4-LOM、ザッカスなど早々たる面子と共に登場した。しかし、デンガー自体はベイダーに隠れ劇中では顔が見えないというかわいそうな扱いであった。
しかも、バトルフロントの紹介でも「登場シーンは限られているため、「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」と最新のマーベルコミックスの「Vol 2. Showdown on the Smuggler's Moon」(邦題「スター・ウォーズ:ナー・シャッダの決斗」)を参考にしています」とわざわざ書かれているぐらい出番がない。

ちなみにエピソード6にも出演。ジャバの取り巻きたちにまぎれて登場。

バトルフロント

バトルフロントではDLCヒーローとして追加。ナインナンやグリードよりは戦闘描写があるものの、ほとんどの人に知られておらず、誰だお前状態となった。
技としてバースト・ラッシュ、フレンジー・ブラスト、ハリケーン・ストライクが使用可能。バースト・ラッシュはクローンウォーズで使用した技を参考に作られている。

関連動画