グリーシンゴーの奇妙な冒険のコーナー一覧

グリーシンゴーの奇妙な冒険のコーナー一覧とは、フジテレビで放送されている『グリーシンゴーの奇妙な冒険』のコーナーについて述べる。


現在の企画


強盗シリーズ

2015年3月10日に実施された、強盗アップデートで登場した強盗ミッションにチャレンジするごみ企画。
大半はグリーシンゴーの自己満足。
これには流石に編集者も腹が立ったのか途中から悪意が現れ始め最初はカットする程度だったが、徐々に悪意が魅していき途中からこの野郎などの暴言も目立ち始め、最近では放送禁止用語も使用された。
ただ、こうでもしないと企画が面白くならない為、こうなるのも仕方が無い。
ちなみに、戸松の人のお気に入りのシーンは「おい!お前、何ヤッ天然!」の回である。
シーズン2から放送率が増えたが、シーズン3では稀に放送される様になった。

フリーザ銀行

強盗ミッションでは一番簡単なミッション、その為グリーシンゴーのお小遣い稼ぎにもってこい。
だが、攻略方法を知らないプレイヤーや荒らしなどが来るため、中々攻略ができないことがある。
ゲストとしてフリーザ様が出てくる。

パシフィックリム強盗

強盗ミッションで報酬が高いミッション。
その為、よくグリーシンゴーがやる。
だが、人がこない。
よく、ボイチャが来る上に荒氏がよく来る。

グリテラリア

グリーシンゴーが大好きなクソモモてらりあならぬ、グリテラリアになり野良セッションで暴れまくる。
しかし、大半は一方的にやられまくられ、倒せたプレイヤーは指の本数ほど。
モモテラリアにはさかっきーというヘリの使い手が登場するが、グリーシンゴーもこの技を使ったことがある。
機嫌が悪くなるとクソテラリアなどに全く関係ないももてらりあを馬鹿にしたを発言もしだす。ちなみに、2015年7月26日に行われたももの生放送でゴミてらりあなどグリーシンゴーと同レベルのガキが登場した。楽しいーーーー!

トマツラリア

この番組のスタッフ、戸松の人がグリーシンゴーのデータでグリテラリアをやる。
大半は一方的にやられまくられ、倒せたプレイヤーは指の本数ほどのぐりてらりあとは違い車で特攻やスナイパーライフルを駆使して戦うため割と強い。

グリー・ウォーズ

ドラマコーナー。グリー・ウォーズを参照。

右京さん

この番組の制作総指揮の戸松の人が作成したデスマッチ、「右京さん」。
このステージでは戦車を持っておけば、基本無双できる。
ただグリーシンゴーは戦闘能力が低いため、基本死ぬ。
また、この企画は悪意の連発であり、死亡率が高いグリーシンゴーが死ぬとBGMがふざけ始める(例:カリオストロの陽気なBGM、舞い上がれー等)。
また、リスポン位置が毎回おかしい為、ここでも悪意がでる。
一時、グリーシンゴーが勝てなくなってしまい、最後の砦を作れと言ってきた為仕方なく右京さんバージョン1.1を制作した。だが、右京さんに飽てしまい、新しいデスマッチを作れと スタッフに文句を 言ったため急遽、右京さん改を制作した(ドラゴンボール改のパロディ)。
しかし、理不尽さが特徴な右京さんと比べると改は戦車同士の戦いの為グリーシンゴーにはいい印象はもたれていない。 文句言うなよ。
だが、最近では戦車を最初に奪い、他の戦闘機などを破壊して戦車無双するという クズ 行為を行っており、戸松の人も苦言している。その為、 ちんちん グリーシンゴーを懲らしめる為にドッキリを行ったが、実況者とは思えないリアクションをして、各所から反感を買った。
最初は、単発的な企画だったが、グリーシンゴーのやられ方や、BGMが視聴者を虜にし、最近ではこれがメインコーナーとなってきている。
グリーシンゴーの奇妙な冒険 FILMUではタイトルのUは右京さんという意味。
その後、左京さんやダークカイトなどが制作された(下記を参照。)。

左京さん

この番組の脚本の上坂すみれの人が作成したデスマッチ、「左京さん」。
決して幽遊白書に出てくるあの人では無い。
このステージは非常に範囲が狭い為、基本死ぬ。
リスポン位置は相変わらず、おかしい。BGMもふざけ始め面白い。

ダークカイト

この番組の原作者、内田真礼の人が作成したデスマッチ、「ダークカイト」。
ステージは駐車場であり車高が低いため戦車が扱いにくいぬ。
リスポン位置はおかしくない、 なぜだ?。 BGMもふざけ始め面白い。

米沢さん

この番組の視覚効果の伊藤の人が制作したデスマッチ「米沢さん」。
このステージはワーナーブラザース兼映画スタジオの為とても難しいステージとなっている。
リスポン位置は...お察しください。

グリーシンゴーリクエストファイターズ

グリーシンゴーが視聴者(やらせ)から送られてきたリクエストに答え、様々なチャレンジに挑む。

イニシャルYMCA

イニシャルDのパクリであるが、企画が謎であるため未だコーナーとして出たことが無い。
実際には、やろうとしたもののグリーシンゴーが勝手に企画を変えてしまったため未だ実現できていない。

サイコロローライダーズ


理不尽しりとり

名前の通り理不尽なしりとりである。
下ネタが多い。

過去の企画


グリオカート

強盗シリーズでグリーシンゴーがバイクを奪うミッションに登場した。
ただ、本家とは違い銃弾が飛び交うなどとても危険なレースゲーム。交通量が多く、車にぶつかり死ぬこともさま様。

メルギブソンの旅シリーズ

グリーシンゴーの企画が多すぎてクレームがきた為、メルギブソンが旅をするシリーズ。
割と楽な企画。

エガとヴォーヴォーズ

トレバーがトラクターに乗って暴れる企画。
意味不明。

サイコロライダーズ

とんねるずのみなさんのおかげでしたに登場する企画の丸パクリ。
サイコロの目が出たら絶対がモットー。
1.6は強盗。
2.5は景色撮影。
3.4は軍事基地で暴れる。が実行される。
3.4はよく出るがよく失敗する為、「オフラインでやらね」などとチート使う気満々である。

約27時間テレビ

フジのあの27時間テレビのパロディ。
記事を参照。

グリーシンゴーがめんどくさがってやめた企画

グリーシンゴーがめんどくさいと言ってやめた哀れな企画たちを紹介する。
グリーシンゴーまじでうぜえ。

神部カー破壊の旅

グリーシンゴーの神部カーを破壊しようとする企画。
「神部カーなんていらねーよ、存在消しちまえ」と発している。

妖怪、街へ行く

グリーシンゴーの顔が妖怪っぽいので妖怪となり、様々な所へ行く。

グリーシンゴーを泊めよう

グリーシンゴーがさまざまな家に泊まりに行くが、家に入れないという企画。

宜保グリ子心霊ツアー

宜保愛子のパロディで、心霊体験バスツアーを行なったと言いたいが行ってない。

最も安全な逃走中

モモテラリアの逃走中のパロディ。
グリテラリラが逃走者となり警察、リスナー等から逃げる。
唐突に始まることが多く、大体が死ぬ。
ちなみに本家にはシンゴという人物が登場した。
「しんご駄目じゃんもう・・・」という台詞を何度もネタにされている。
ちなみにモモテラリアの動画に出てくるしんごはグリーシンゴーという疑惑があったがグリーシンゴーは否定してる(「やってねーよ!!!」)。と思われたが
なんと、ついにグリーシンゴーが遂に「もうめんどくさいから、俺でいいよ」と認めてしまった。