肉食ってるデブ

肉食ってるデブとはあかがみ海賊団の肉要因であるラッキールウの異名である。

概要

赤髪海賊団幹部。誕生日は7月6日 (何故2月9日(ニク)じゃないのか・・・・)
デブであり、ゴーグルを身に着けている。いつも骨付き肉を持っている。

現在の所、戦闘能力は不明であり。唯一の戦闘シーンは肉を食いながら銃をぶっ放すシーン(第1話)のみ。
ちなみにトレクルでの必殺技は5000回復し3ターン封じという訳のわからないゴミスキルである。必殺モーションはビールを飲み肉を食って発砲という原作を再現したモーションである。

第1話で赤紙海賊団の幹部として登場して以降は、シャンクス達とともに何度か出てくるものの、これといった活躍は無かった。

頂上戦争では赤髪海賊団総出で戦場に乗り込み、戦争を終結に導いた(この時も肉を食っていた)。

作中では名前で呼ばれたことが一切無く、見たことはあるけど名前は知らないという人が多い(グリーシンゴーやいーぶいなど)。

奇妙な冒険にでのラッキールウ

最初に彼の名を挙げたのは戸松の人である。
戸松の人「あのさ、シャンクスの海賊団にいる肉ばっか食ってるデブいるじゃんw」
グリーシンゴー「ああ・・・(引き気味)」
と言った感じで最初に名が挙がった。それ以降何かと登場するにくくってるデブ。
戸松の人いわく一回言ったら思ったより受けたからそれ以降もそう呼び続けているとのこと。
人気の理由はいじりやすさとインパクトの強さである。
グリーシンゴーも含む名前を知らない人が大勢いるにも関わらず、インパクトは強く肉の人などと検索してもでてくるほど視聴者の印象は残っている。
その後も彼の名の派生名である空飛ぶデブやパイ食ってるデブなどを生み出しており、彼の名は多くの物に影響を与えた。

関連動画