Eternal Breakerの登場人物

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



斑鳩 柳也(いかるがりゅうや)

愛称:柳也、柳にい、リュウヤ、柳也さん
一人称:俺
性別:男性
魔導師ランク:AAA-
所有デバイス:ユグドラシル
使用魔法:肉体強化、ビルガーフリーゲン、ラプター、インパルス、ステーク、バンカー、グラム、各種トリニティ

なのは、はやて、グレアムと同じ地球生まれの魔導騎士。
新聞配達の仕事中、偶然はやてとヴィータに出会った。
その時点では普通の男だったが、ヴィータのヒンダネスに接触したことでリンカーコアが活性化。
ひとつの事故をきっかけに、はやて達の身の安全を守るため自ら志願して魔導騎士となる。

19歳。続編のEternal Breaker [Mild Days]では一年経過しているので20歳。
誕生日は不明。というか考えてなかった。
身長178cm、体重60kg。着痩せ体型で脱ぐと引き締まった筋肉質。
黒い瞳に黒い髪の日本人。
微妙にツリ目だが、だいたいいつも微笑んでいて、眉はハの字型が基本スタイル。
その分、考え込んでいる時、怒っている時、真剣な時に見せる表情には大きなギャップがある。
髪は不自然でない程度に切り揃えられている。
最初は自分で切っていた。
が、あまりの適当さにはやてが「見てられへん!」と立ち上がり、今ははやてが時々散髪してくれている。
ちょっと恥ずかしくて申し訳ないと思いながらも、嬉しい模様。
お礼にはやての髪を梳くと申し出たが、守護騎士内で「はやての髪梳き権」争奪戦が勃発。
最終的にはやての髪梳きは週間ローテーションで各人が担当することになった。
まあ今考え付いたんですが。たぶんこんなことがあったはずです。いつか書こう。

一子相伝の実戦槍術・草薙流槍術の伝承者。
皆伝の証である参奥義(凪、疾風、怒涛)を会得しており、基本戦闘スタイルはこの槍術に身体強化と魔法を加えた物。
魔力量が多く、制御能力が極めて高い。
ランク取得試験ではこの制御能力と接近戦技能、状況対応能力がAAA-ランク認定の決め手となった。
反面、魔力瞬間放出量が少なく、大威力攻撃には向いていない。
貯水タンクは大きいが蛇口が小さい、という考え方でたぶん間違いない。
その出力不足をカートリッジ多重同時ロードで無理やり補おうとする。
しかし、当然ながら限界容量以上の放出は蛇口……すなわち肉体を大きく破損させる要因になる。
それを承知しながらも、家族や仲間と生きて帰る為ならば迷わず使う。
そしてはやて達に怒られる。

家族ラブで、はやて、ヴィータ、シグナム、シャマル、ザフィーラ、リインフォース、竜胆が今一番の宝物。
幼少期に両親を、多感な時期に妹、師匠を亡くしており、常に喪失への恐怖、大切な人が生きている幸せを噛み締めている。
好物は緑茶、焙じ茶に和菓子全般。中でもわらびもちが一番のお気に入り。
料理と日向ぼっこが趣味で、特撮番組好き。
某「ゆ゛る゛ざんッ!!!!」の人が彼のヒーロー。書き手の中でもヒーロー。直撃世代です。ウェイカッ!
ロリコンロリコンと言われるが、ちゃんとシグナムのブラにもドキドキする人。16話参照。
しかしいつだったか部員のとしあきに指摘されたとおり、ヴィータに蹴られても喜んでる。
その上重度のシスコン。
こうして書くと相当なダメ人間でちょっとビックリした。



斑鳩楓(いかるがかえで)

愛称:楓、楓嬢、楓ちゃん
一人称:わたし
性別:女性
魔導師ランク:なし
所有デバイス:なし
使用魔法:なし

柳也の妹。
享年13歳。
両親を亡くしてから、ずっと柳也と支えあって生きていたため、兄ラブだった少女。
将来の夢は「お兄ちゃんのお嫁さん」と「お兄ちゃんの作ったご飯を食べること」だった。
本編中、もし生きていたら……夫婦みたいなバカップル兄妹になっていたことでしょう。
それはそれで見てみたかった+書いてみたかったかもしれない。
たぶん分岐点は22話の士郎さんのお誘い。
軽く行き過ぎな二人に呆れる恭也と羨ましがる美由希とか。外伝でイケるか!? 仕事しろ。ハイ。

兄とよく似た黒い瞳と黒髪。肩くらいまでのボブカットで、切れ長の目にハの字型眉と、どこから見ても文句なく柳也の妹。
全体的に細くて貧相な体を内心悩んでいたが、柳也的にはむしろ可愛くていい! だったらしい。
佳奈美という親友になれただろう友達がいた。



草薙竜胆(くさなぎりんどう)

愛称:お師さん、竜胆さん
一人称:我
性別:男性
魔導師ランク:なし
所有デバイス:なし
使用魔法:なし

草薙流槍術伝承者にして、柳也の師匠。
享年75歳。
生活環境に押し潰されそうだった柳也を助け、槍術と共に家族の愛を思い出させた、あらゆる意味での柳也の恩人。
老人離れした屈強な体躯と獅子の如き風格を持つ、子供に泣かれることに定評があった武人である。
共に鍛え、過ごす内に、柳也と楓に対して父のような感情を抱くようになっていた。
それを話しながら酒を呑むのが最高に楽かったようだ。とは士郎さんの談。

後頭で纏められた銀にも似た白髪。ちなみに相当なダメージヘア。やや平坦な目に強く釣り上がった逆ハの字型の太い眉。
大体いつも胴着を着ていた。
若い頃は結構なヤムtyもといヤンチャさんで、調子こいて自分のことを「我」とか言ってた。
当時の未熟で世間知らずで向こう見ずで恥知らずだった自分を戒めるために終生「我」と名乗り続けていたらしい。



竜胆(りんどう)

愛称:りんちゃん、竜胆、リンドウ
一人称:わたし
性別:女性
魔導師ランク:なし
所有デバイス:なし
使用魔法:なし
特殊能力:HGS患者

香港を拠点とする巨大犯罪組織『龍(ロン)』の科学者に造られた人造HGS能力者。
香港でのガサイレの後、柳也と草薙竜胆に保護され、香港警防に入隊した。
その時に柳也の優しさと熱さ、自分を救おうとしてくれた真っ直ぐな瞳を見て、全幅の信頼を置く。
のだが、一緒にいられたのはごく短い期間で、もう一度自分を見つめなおすと言って去ってしまった柳也をずっと想う羽目に。
竜胆本人は『保護される前よりも柳也と離れ離れになる方が辛かった』と美沙斗に語っている。
柳也を追って来日し、今は海鳴、八神家に身を寄せている。
目的はそれ以外にもあるようだが、現状不明。
ヴィータと仲良し。

実年齢8歳。
保護前に薬物投与で強制成長させられており、身長149cm、体重38kg。
全体的にほっそりしたラインで色白肉薄。しかしHGSの影響で自然体重は149kg。
『TE-1』仁村知佳と多くの点で共通しており、海鳴大学病院ではフィリス・矢沢医師が担当することになった。
仁村知佳とフィリス・矢沢医師、HGSに関してはとらハ2、とらハ3を参照のこと。(できればリリカルおもちゃ箱も)
とらハ大事典でも可。
腰まで届く黒髪は普段ストレートに落とされており、運動時には首の後ろ辺りで一本に束ねられ尻尾状にする。
瞳は琥珀色。ちょっとタレ目気味で眠たげな印象を受ける。
能力開放時には一対の純白の羽をその背に広げる。
香港警防での日々、柳也や八神家のみんなとの毎日の思い出を綴った日記ノートと『竜胆』という名前が宝物。
楓と同じく自分の貧相な身体がちょっとしたコンプレックス。
はやては『健全なバストアップに貢献』する機会を虎視眈々と狙っている。
柳也に恋愛感情を抱いているが、それと自覚していない。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。