ゲルググM(CG)(シーマ・ガラハウ専用ゲルググM)


MS-14Fs 出力-1,490kW 総推力-69,500kg
シーマ・ガラハウ中佐専用のゲルググM
サラミス2艦を沈めた上、陸上装備で宇宙に出撃したガンダム試作1号機を半壊に追い込んだMS

初期ステータス

チューンpt 19575 スラスター出力 45/70
HP 2000/3500 スラスター速度 33/77
実弾防御 10/30 レーダー性能 37/54
ビーム防御 11/28 バランサー 37/70
機動性 20/37 旋回速度 26/50

特殊事項
SPAタイプ 一斉射撃

兵装ステータス

威力・耐久 属性 命中 連射 弾速 リロード 弾数
主1 ビームマシンガン 132/144/180 BEAM 10/50 - 36/48 41/56 191-240-360
主2 速射砲 80/89/108 SOLID - - 27/48 39/56 110-120-135
副 ヘッドバルカン 26/30/36 SOLID - - 12/48 30/56 36-39-45
格 ビームサーベル 424/561/693 - 20/48 - - - -
シールド 930/2130/3000 - - - - - -

機体特徴

0083デラーズ「策謀の宙域」クリア報酬

シーマ様はビームマシンガンがお好きなようで、このゲルググMも例外ではない。
後の専用機ガーベラ・テトラの完全下位互換MSではなく、格闘性能や一部ステータスはこちらが秀でる。
キャラクターのスキルや、格闘か射撃かの好みで選んでも悪くは無い。

欠点としては、レーダー性能の限界値がやや低い。
装備の都合上、敵に近寄らなければならないが、敵の位置を把握し難いのである。
幸い、運動性能は第一次ネオ・ジオン抗争リゲルグにも匹敵する。
レーダーの矢印や、全体マップで位置を確認しつつ、自力で接近しよう。

射撃

●主1 ビームマシンガン (MAX=180*n)
ガーベラ・テトラより10pt程低いが高威力の部類。弾数も多い。
横っ飛びしながら遠方のターゲットを撃つと弧を描いてヒットしている。
マシンガンの性質上、一体の敵を倒す時間はビームライフルより長い。

●主2 速射砲(ラピッドキャノン) (MAX=108*n)
こちらも微妙にガーベラ・テトラに劣るが、主武装なのでチャージ撃ちが可能。
主武装の弾数が非常に多いので、短いミッションでは使用されずに終わることも。

●副 バルカン (MAX=36)
ジオニック系にしては珍しい連邦のバルカンと同規格。
元々、ゲルググジムガンダムへの羨望から開発された経緯を考えると、ちょっと納得するかも。
使用方法も同様に、削りや対戦車用となる。

格闘

●ビームサーベル+キック (MAX=693)
斜め切り→横切り→突き→蹴りの4段攻撃だが、ヒット数は5ヒット。
なんと、突いた後にサーベルを動かしているのである。
ちなみに、突きと蹴りはボタン1回の操作で発生する為、ボタン1回で3ヒットしている事となる。

ガーベラ・テトラより威力も手数も優秀なので、積極的に狙って行きたい。

ダウン攻撃は踏み付け。
こちらもボタン1回で3ヒットする攻撃。
TYPE-61MBT(61式戦車)等をどんどん踏み付けよう。

SPA

●一斉発射
ビームマシンガン+ラピッドキャノンの一斉射撃。