ジム(コマンド)寒冷地仕様


RGM-79D 本体重量-44.7t 頭頂高-18.0m 出力-1,250kW 総推力-60,000kg
後期量産型に分類されるジムコマンドシリーズのプロトタイプ。
拠点防衛用として北極基地などの地球上の寒冷地へ配備された。
専用のステン型マシンガンを装備している。

初期ステータス

チューンpt 6076 スラスター出力 12/23
HP 1200/2500 スラスター速度 28/49
実弾防御 9/23 レーダー性能 28/30
ビーム防御 5/18 バランサー 27/48
機動性 10/19 旋回速度 17/33

特殊事項
制限事項 地上・寒冷地仕様
SPAタイプ コンボ

兵装ステータス

威力・耐久 属性 命中 連射 弾速 リロード 弾数
主1 マシンガン 59/63/89 SOLID - - 3/22 13/27 99-106-135
主2 グレネード 475/498/770 SOLID 6/20 3-4-6 1/21 12/25 6-8-12
副 頭部バルカン 21/22/36 SOLID - - 1/27 1/30 30-33-45
格 ビームサーベル 246/270/585 - 10/35 - - - -
シールド 330/930/3000 - - - - - -

機体特徴


今作が初登場の機体だが、全体的にジムコマンドよりも弱く設定されている。
ビーム兵器やスモークがなく、かなり微妙な印象。遠距離でまともに当たる武器がないのが原因か。
ジムには珍しいコンボタイプのSPAと収録機体中唯一の【寒冷地補正】が特長といえば特長。

ちなみに機動性を99にして雪山等で出撃すると、
SガンダムやEx-SガンダムのALICEもかくや、といった動きを見せる。必見。

射撃

●主1 マシンガン (MAX=89)
ジムの100mmマシンガンよりも1だけとはいえ低いのはいかがなものかと思う。
しかしまぁ、一般的なジムマシンガンといえる。

●主2 グレネード (MAX=770)
この機体の切り札にしてメイン兵器。ジムコマンドより70も増加。
やはり当てにくいため、モビルスーツには距離2~400前後での使用がベスト。
ビッグターゲットに対しては、若干とはいえ誘導するため、距離を取っての使用が望ましい。

●副 ヘッドバルカン (MAX=36)
小威力で連射の効く弾をばら撒く。牽制や止めの削り、リロード時のお供などに活用。
決定打にはならないが、有効に活用できると隙を減らせる。
今作、マシンガン系の有効度が総じて高いため、メインのマシンガンと併せて馬鹿には出来ないかもしれない。

格闘

●ビームサーベル (MAX=585)
袈裟切り、横払い、突き。一般的な三段攻撃。威力はジムコマンドよりやや低い。

SPA

●コンボ
これは酷い。
まずコンボであるため、密着状態でないと最大の威力を発揮できない上、効果時間が短い。
威力は限界内だと全段ヒットでも演習機体を4割削る程度。そして何よりそのモーション。
やおらビームサーベルを構えたと思えば、ぶんぶん回してゴリゴリ敵の装甲を削る。
何度か試してみたが、これはアレだ。いわゆるネタ機体である、と。

雪山フィールドを対戦で選び、機動性を99にして相手を翻弄しよう!!
そしておもむろに近づき、SPAを決めれば言い知れぬ恐怖を植えつけられるはず。

出自・劇中での活躍

ジム寒冷地仕様(GM COLD DISTRICTS TYPE)は、オリジナルビデオアニメーション『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場する地球連邦軍が開発した量産型MSである。
ジム・チリー・コマンドと呼ばれたこともある(型式番号:RGM-79D)。
『0080』第1話冒頭で、北極基地を襲撃したジオン軍サイクロプス隊のモビルスーツに応戦する姿が描かれている。
数機登場する内、一機、もしくは二機はジム・コマンド(コロニー戦仕様)が携行していたブルパップ・マシンガンを装備している。