ザクⅢ改


AMX-011S 出力-2,860kw 推力-211,500kg
ネオ・ジオンの攻撃型重MS。ザクⅢのエース専用カスタム機。
強化後のマシュマー・セロが搭乗し、ネオジオン内乱で使用された。

初期ステータス

チューンpt 28983pt スラスター出力 45/84
HP 2500/4500 スラスター速度 50/88
実弾防御 18/35 レーダー性能 42/78
ビーム防御 20/40 バランサー 40/60
機動性 30/65 旋回速度 36/64

特殊事項
SPAタイプ 必殺格闘

兵装ステータス

威力・耐久 属性 命中 連射 弾速 リロード 弾数
主1 ビームライフル 498/588/660 BEAM 36/52 3-4-6 24/30 30/37 15-20-24
主2 ビームキャノン*2 437/493/572 BEAM 15/36 - 39/53 27/67 7-10-12
主3 ハイドボンブ 910/987/1020 SOLID 10/70 - 49/60 34/88 19-21-32
副 Hバルカン 29/33/39 SOLID - - 26/52 12/52 33-37-45
格 ビームサーベル 499/666/765 - 35/60 - - - -
シールド 1080/2430/3000 - - - - - -

機体特徴

0088ネオジオン「エマリー散華」BルートBランク報酬。

ザクⅢを高機動用に換装した機体。色が緑なのでこっちの方がザク系列らしく見える。
リ・ガズィを凌駕する程の高機動で、ザクの名を冠する機体の中では最高性能といえる。

ザクⅢの頭部をバルカン装備に換装している為、副兵装はマウスビームではなくバルカンに変更。
ビームライフルの威力はザクⅢより上昇しており、ビームキャノンも使えるので使い勝手は悪くない。
どちらかといえば連邦系MSに似た兵装である。また、ハイドボンブという新兵装も追加されている。

特に優れている部分はないが、劣る部分もないバランスの良い機体。
SPAは発動や範囲に癖があるものの、威力、迫力共に申し分無いのでこの機体を使う十分な理由になる。

射撃

●主1 ビームライフル (MAX=660)
同時期の機体より威力が弱いこと以外は普通のビームライフル。
全体的にザクⅢより強化されている。
しかし、それでもガルスJの方が限界威力は高いという不思議仕様。

●主2 腰部スカートアーマー内蔵ビームキャノン (MAX=572*2)
構えると動けなくなるが、威力のある狙撃系ビーム攻撃。
こちらも全体的にザクⅢより強化されている。
ビームライフルが頼りないので、こちらを主力に戦う方が良いか。

●主3 ハイドボンブ (MAX=1020)
左肩のショルダーアーマーから出す浮遊機雷。
ボタンを押し続ける事で弾切れまで連射可能。
チャージすると8発連続射出するが、SPを回す必要があるかは疑問の余地が残る。

弾速が遅いので接近して射出したいが、接近しすぎても上手く当たらない…。
左に膨らんでから敵に誘導していくので、敵を左側に捉えた状態で射出すると少しだけ早くヒットする。
ちなみに、限界内(弾速60)では約300、限界解除(弾速99)でも約400の射程にしか届かず、途中で自壊してしまう。

●副 Hバルカン (MAX=39)
普通のバルカンよりちょっと威力が高い。
ザクⅢの副兵装であるマウスビームが無くなってしまったのが惜しまれる。

格闘

ビームサーベル(MAX=765)
切り下し→切り上げ→横回転しての切り下ろしの3段攻撃。
3段目の無駄な回転はザクⅢに似ていなくも無い。
正面にしかHitしないので使い難いが、1段目は振り下ろす前に真後ろにも当たり判定がある。

SPA

マシュマーが死に際に見せた謎のオーラ攻撃。人呼んでイケメンオーラ。
範囲は狭いが、当たればHPMAXでも即座に撃墜できる一撃必殺。
要するにリーチの短い全方位必殺格闘である。
ヴァル・ヴァロハンブラビのような足止めMSがネオ・ジオンにいないのが悔やまれる。

彼のようにハマーン様を思いつつ叫びながら使用しよう。
「ハマーン様、バンザァァァァァイ!!」