※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【元ネタ】史実
【CLASS】バーサーカー
【マスター】
【真名】坂田金時
【性別】男性
【身長・体重】190cm・88kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力A+ 耐久B 敏捷B 魔力C 幸運C 宝具C
【クラス別スキル】
狂化:E
 通常時は狂化の恩恵を受けない。
 その代わり、正常な思考力を保つ。
 ダメージを負うごとに幸運判定を行い、失敗すると魔力と幸運を除くステータスが上昇し、暴走する。
 この際、全身が真っ赤になる。

【固有スキル】
動物会話:C
 言葉を持たない動物との意思疎通が可能。
 動物側の頭が良くなる訳ではないので、あまり複雑なニュアンスは伝わらない。
 それでも金時の精神構造が動物に近いせいか、不思議と意気投合してしまう。

天性の肉体:C
 生まれながらに生物として完全な肉体を持つ。
 このスキルの所有者は、常に筋力がランクアップしているものとして扱われる。
 さらに、鍛えなくても筋肉ムキムキな上、どれだけカロリーを摂取しても体型が変わらない。

神性:D
 雷神の子という出自から来る神霊適性。
 母が人食いの山姥である所為でランクは低い。
 雷神系のルーツ、伝説を保有する英霊からの攻撃に対して、稀に耐性として発動することがある。

【宝具】
『黄金喰い(ゴールデンイーター)』
 金時の怪力なくしては扱えない、雷神の力を宿す巨大マサカリ。
 雷を込めたカートリッジが15発装填されており、その爆発で破壊力を高める。
 おそらく真名は別にあるのだが、金時はこの名前で発動させられる。

『黄金衝撃(ゴールデンスパーク)』
 "黄金喰い"から稲妻を放出して周囲の敵を薙ぎ払う、対軍宝具としての使用法。
 15発装填されているカートリッジのうち、3発分を使用して発動する。
 真名が怪しいのに発動するのは、黄金喰いと同じ。
 ゴールデン理不尽。

【原案設定】
 昔話に語られる頼光四天王のひとり。幼名の金太郎が有名。
 暴れん坊で傍若無人だが、情に厚くて正義漢。特に母子に優しく、子どもたちのヒーローであろうと心がけている。
 そんな彼の精神年齢は、小学生低学年並み。現代に召喚され、アッという間に世俗に染まった。
 彼は派手好きで光る物が大好き。特にゴールドが超大好き。口癖は「ゴールド」、「ゴールデン」。
 ただ色恋沙汰に関しては徹底的に弱く、それが彼最大の弱点といえる。

【解説】
 多くの伝説を持つが、実在を裏付けるはっきりした史料はない。
 雷神である赤龍の子であり、母は足柄山で暮らす人食いの山姥。
 金時もまた怪物としての力を継ぎ、山の獣を相手にしては、それを殺していた。
 やがて鬼女である母は碓井貞光によって討ち取られるが、金時は引き取られ、源頼光の元で人の道を教わり、家来となる。
 頼光四天王として数々の鬼退治に参加。
 大江山の酒呑童子退治で山伏に変装し、薬を盛った酒を飲ませて酒天童子を討つエピソードが有名。
 この時、少女の姿をした美しい鬼・酒呑童子に恋をした金時は、大きなわだかまりを抱えたまま残りの生涯をすごすことになる。