※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【元ネタ】史実
【CLASS】ライダー
【マスター】ウェイバー・ベルベット
【真名】イスカンダル
【性別】男性
【身長・体重】212cm・130kg
【属性】中立・善
【ステータス】筋力B 耐久A 敏捷D 魔力C 幸運A+ 宝具A++
【クラス別スキル】
対魔力:D
 一工程(シングルアクション)による魔術行使を無効化する。
 魔力避けのアミュレット程度の対魔力。

騎乗:A+
 騎乗の才能。獣であるのならば幻獣・神獣のものまで乗りこなせる。
 ただし、竜種は該当しない。

【固有スキル】
神性:C
 明確な証拠こそないものの、多くの伝承によって最高神ゼウスの息子であると伝えられている。

カリスマ:A
 大軍団を指揮する天性の才能。
 Aランクはおよそ人間として獲得しうる最高峰の人望といえる。

軍略:B
 一対一の戦闘ではなく、多人数を動員した戦場における戦術的直感力。
 自らの対軍宝具の行使や、 逆に相手の対軍宝具に対処する場合に有利な補正が与えられる。

【宝具】
『遥かなる蹂躙制覇(ヴィア・エクスプグナティオ)』
ランク:A+ 種別:対軍宝具 レンジ:2~50 最大捕捉:100人
 ――宝具『神威の車輪(ゴルディアス・ホイール)』による蹂躙走法。
 神牛の蹄と戦車の車輪による2回のダメージ判定がある。
 いずれも物理ダメージの他にゼウスの顕現である雷撃の効果があり、
 ST判定に失敗すると追加ダメージが課される。

『王の軍勢(アイオニオン・ヘタイロイ)』
ランク:EX 種別:対軍宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:1000人
 ――死してなおイスカンダルに忠誠を誓い、君主とともに英霊化した近衛兵団をサーヴァントとして現界させる。
 召喚されるのはいずれもマスター不在のサーヴァントだが、それぞれがE-ランク相当の『単独行動』スキルを保有し、
 最大30ターンに及ぶ現界が可能。

【Weapon】
『神威の車輪(ゴルディアス・ホイール)』
 アレキサンダー大王の伝説において最も有名な『ゴルディアスの結び目』のエピソードに登場する戦車。
 もともとはゼウス神への供物として祭られていた祭具だった。
 各部のパーツは別個に縮小、収納することが可能であり、踏破する地形に合わせて最高効率の形態に変形することができる。

『飛蹄雷牛(ゴッド・ブル)』
 ゴルディアスホイールを牽く神牛。
 雷を司る至高神ゼウスは、かつてエウロペを誘惑する際に牡牛へと姿を変えたという。
 よってゼウス神に捧げられた戦車の牽引力として顕現したのは、ゼウスと縁のある聖獣だった。

『スパタ』
 イスカンダルが戦場で愛用する剣。キュプリオト族の王からの献上品。
 極めて強靭な拵えだが、見かけによらず軽量で、機敏な扱いも可能である。

【解説】