※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鈴鹿サーキット 90Mile

大会概要

 【開催日】
  2008年7月26日 22:00頃~1時間半
 【コース】
  鈴鹿サーキット 
 【規定周回数】
  24LAP(+フォーメーションラン1LAP) 145.25km
 【規定ピット回数】
  ST-1:3回
  ST-2:2回
  ST-3:2回
  ST-4:1回
 【注意事項】
  ピットイン/アウト時にコース外及び白実線部分のカットは禁止する。

エントリー

  • ホスト:sowndworld
Car Name Type A Dr.
ST-class1
8 Feena JZA80 トヨタスープラRZ(JZA80) n~8さん
11 Symantec 360 フェラーリ360モデナ def***さん
ST-class2
22 PERMAGARD IMPREZA スバルインプレッサSTI(GDB-F) sowndworld
44 黄薔薇のつぼみ・ランサーEVO Ⅹ 三菱ランサーエボリューションⅩ(CZ4A) fe**** hさん
ST-class3
28 RITSUKO RACING BOXSTER ポルシェボクスターS l-nさん
373 BANCHO Z33 日産フェアレディZ(Z33) X*******nさん
ST-class4
4 BOMEX DC5 ホンダインテグラType-R(DC5) tama******さん
47 765ワイワイワールドDC5 ホンダインテグラType-R(DC5) y~337さん

  • ホスト:f~0さん
Car Name Type A Dr.
ST-class2
6 VISTA IMPREZA スバルインプレッサSTI(GDB-F) A****rさん
85 Ritsuko GDB スバルインプレッサSTI(GDB-F) f~0さん
ST-class3
35 MOTUL NISMO Skyline GT 日産スカイライン350GT(CPV35) so******60さん
80 Yukiho Z33 日産フェアレディZ(Z33) y*****0さん
ST-class4
36 宝山トムスMOTULアルテッツァ トヨタアルテッツァRS200(SXE10) Kor***514さん
38 洗剤革命FKやよいシビック ホンダシビックSi(FD2) j-2-eさん
159 Key RACING TEAM DC5 ホンダインテグラType-R(DC5) rui**さん
555 KIRIN SONiQ RX-8 マツダRX-8(SE3P) *NRAさん

予選

  • 第一部屋
Pos. Class Car Name Type LapTime
1 8 ST-1 Feena JZA80 トヨタスープラRZ(JZA80) 2'05.565
-
2 11 ST-1 Symantec 360 フェラーリ360モデナ 2'07.098
1.533
3 373 ST-3 BANCHO Z33 日産フェアレディZ(Z33) 2'09.359
2.261
4 22 ST-2 PERMAGARD IMPREZA スバルインプレッサSTI(GDB-F) 2'10.752
1.393
5 28 ST-3 RITSUKO RACING BOXSTER ポルシェボクスターS 2'11.089
0.337
6 44 ST-2 黄薔薇のつぼみ・ランサーEVO Ⅹ 三菱ランサーエボリューションⅩ(CZ4A) 2'11.122
0.033
7 4 ST-4 BOMEX DC5 ホンダシビックホンダインテグラType-R(DC5) 2'17.118
5.996
8 47 ST-4 765ワイワイワールドDC5 ホンダインテグラType-R(DC5) 2'19.089
1.971

決勝

  • 第一部屋
Pos. Class Car Name Type Lap
Fastest
1 8 ST-1 Feena JZA80 トヨタスープラRZ(JZA80) 24
2'05.255
2 11 ST-1 Symantec 360 フェラーリ360モデナ 24
2'05.850
3 373 ST-3 BANCHO Z33 日産フェアレディZ(Z33) 24
2'09.066
4 28 ST-3 RITSUKO RACING BOXSTER ポルシェボクスターS 24
2'10.735
5 44 ST-2 黄薔薇のつぼみ・ランサーEVO Ⅹ 三菱ランサーエボリューションⅩ(CZ4A) 23
2'09.625
6 22 ST-2 PERMAGARD IMPREZA スバルインプレッサSTI(GDB-F) 23
2'12.450
7 4 ST-4 BOMEX DC5 ホンダインテグラType-R(DC5) 23
2'16.766
8 47 ST-4 765ワイワイワールドDC5 ホンダインテグラType-R(DC5) 22
DNF
ファステストラップ:#8 Feena JZA80 2'05.255
ペナルティ:#11 Symantec 360 SCラン中の追い越し行為

レポート

 シリーズもいよいよ大詰め、チャンピオン争いも佳境となった第六戦鈴鹿サーキット。
 予選トップタイムをマークしたのは、チャンピオン奪取に王手を掛けたAUGUST Racing #8 Feena JZA80。シリーズチャンプへ向け幸先のよいスタート。#8の勝利をなんとしても阻止したい#11 Symantec 360はストレートスピードの差からか、#8からおよそ1.5秒遅れて2番手。ムジェロに続き、決勝での巻き返しを図る形となった。ST-3クラスチャンプが掛かった#373 BANCHO Z33も2分10秒を切るタイムで三番手、同じくST-3の#28 RITSUKO RACING BOXSTERも気を吐き五番手と、四位となった#22 PERMAGARD IMPREZA、六位の#44 黄薔薇のつぼみ・ランサーEVO Ⅹの上位クラスを脅かすポジションを獲得した。今回初参戦のST-4 #4 BOMEX DC5は予選七位、#47 765ワイワイワールドDC5は八位となり、ST-4クラスのインテグラ対決は、まずは#4に軍配が上がった。

 ST-1クラスの2台は見えない敵との戦いとなった。逃げる#8 Feena JZA80、猛追する#11 Symantec 360の2台が絡んだのは、#8が最初のルーティンをこなした7LAP目まで。#11のタイヤライフはおよそ10LAP。総合順位で#11がトップに踊り出る。#8の二度目のルーティンは13LAP。全24LAPを均等に3回のルーティンをこなす作戦通りレースを進めるが、タイヤライフの長い#11が依然総合トップに。20LAPを過ぎたところで、#8は3回、#11は2回のルーティンを済ませていた。勝負の行方は#11が最後のルーティンの間に#8が追いつけるかの一点。22LAP目、#11が最後のルーティンのためピットイン。#8との差はおよそ1.3km。#11が3度目のルーティンを終えピットアウトした時、#8は#11の前方を走っていた。
 #8はこれで5度目の総合1位を獲得。AUGUST Racingはシリーズチャンピオンの栄誉に輝いた。

 ST-3は勝利数が同じ#373 BANCHO Z33、#28 RITSUKO RACING BOXSTERの勝負になるかに見えた。グリーンからの1LAP目、デグナーで#22 PERMAGARD IMPREZAのミスを突いて#28が4位に浮上すると、#373の追撃体制に入るが、なんと1LAP目シケイン入り口で#28が#22に追突されるトラブル。フレームとリアバンパーの一部にダメージを負った#28は#373を追撃するも敵わず、#373がクラスチャンピオンへ王手を掛けた。
 追突した#22は右フロントサスにダメージを負い3LAP目に予定外のピット。一時は最下位に転落してしまう。ST-4勢は交わしたもののそこまで。ST-2クラス優勝は#44 黄薔薇のつぼみ・ランサーEVO Ⅹが獲得。新車ランサーエボⅩに初勝利をもたらした。
 ST-4勢は初参戦の#4 BOMEX DC5がトラブルフリーで規定周回数を消化し7位に。#47は残念ながら規定周回数未満でDNFとなった。


 最終戦はTRMスーパースピードウェイで行われる。

ギャラリー

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|