※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ムジェロオートデュモーロインターナショナル 130km

大会概要

 【開催日】
  2008年7月12日 22:00頃~1時間半
 【コース】
  ムジェロオートデュモーロインターナショナル 
 【規定周回数】
  24LAP(+フォーメーションラン1LAP) 131.25km
 【規定ピット回数】
  ST-1:2回
  ST-2:2回
  ST-3:2回
  ST-4:1回
 【注意事項】
  ピットイン/アウト時にコース外及び白斜線部分のカットは禁止する。

エントリー

  • ホスト:sowndworld
Car Name Type A Dr.
ST-class1
8 Feena JZA80 トヨタスープラRZ(JZA80) n~8さん
11 Symantec 360 フェラーリ360モデナ def***さん
ST-class2
6 VISTA IMPREZA スバルインプレッサSTI(GDB-F) A****rさん
ST-class3
23 Smoke Cheese 350GT 日産スカイライン350GT(CPV35) so******60さん
79 YOME FD3S マツダRX-7(FD3S) wink t***さん
ST-class4
35 Nora ZZT230 トヨタセリカSS-Ⅰ(ZZT230) D******** ****Yさん
57 KIRIN SONiQ RX-8 マツダRX-8(SE3P) ta** jpさん
74 ×3 SPEED Ami DC5 ホンダインテグラType-R(DC5) sowndworld

  • ホスト:f~0さん
Car Name Type A Dr.
ST-class1
90 Raeder Motorsport Gallardo ランボルギーニガヤルド h**** ****oさん
ST-class2
44 黄薔薇のつぼみ・ランサーEVO Ⅹ 三菱ランサーエボリューションⅩ(CZ4A) fe**** hさん
85 Ritsuko GDB スバルインプレッサSTI(GDB-F) f~0さん
ST-class3
29 T.Project 守矢神社 S2000 ホンダS2000(AP1) U*****0さん
80 Yukiho Z33 日産フェアレディZ(Z33) y*****0さん
ST-class4
47 765ワイワイワールドDC5 ホンダインテグラType-R(DC5) y~337さん
555 KIRIN SONiQ RX-8 マツダRX-8(SE3P) *NRAさん

  • ホスト:Kor***514さん
Car Name Type A Dr.
ST-class1
33 TOM'S長門IS350 レクサスIS350(GSE21) Kiriなんちゃらさん
ST-class2
85 Ritsuko GDB スバルインプレッサSTI(GDB-F) bmtほにゃららさん
765 Kotori EVO.10 三菱ランサーエボリューションⅩ(CZ4A) kazuちょめちょめさん
ST-class3
28 RITSUKO RACING BOXSTER ポルシェボクスターS l-nさん
373 BANCHO Z33 日産フェアレディZ(Z33) X*******nさん
ST-class4
36 宝山トムスMOTULアルテッツァ トヨタアルテッツァRS200(SXE10) Kor***514さん
38 洗剤革命FKやよいシビック ホンダシビックSi(FD2) j-2-eさん

予選

  • 第一部屋
Pos. Class Car Name Type LapTime
1 8 ST-1 Feena JZA80 トヨタスープラRZ(JZA80) -
-
2 11 ST-1 Symantec 360 フェラーリ360モデナ -
-
3 6 ST-2 VISTA IMPREZA スバルインプレッサSTI(GDB-F) -
-
4 23 ST-3 Smoke Cheese 350GT 日産スカイライン350GT(CPV35) -
-
5 57 ST-4 KIRIN SONiQ RX-8 マツダRX-8(SE3P) -
-
6 79 ST-3 YOME FD3S マツダRX-7(FD3S) -
-
7 74 ST-4 ×3 SPEED Ami DC5 ホンダインテグラType-R(DC5) -
-
8 35 ST-4 Nora ZZT230 トヨタセリカSS-Ⅰ(ZZT230) -
-
  • 第三部屋
Pos. Class Car Name Type LapTime
1 85 ST-2 Ritsuko GDB スバルインプレッサSTI(GDB-F) 1'56.726
-
2 373 ST-3 BANCHO Z33 日産フェアレディZ(Z33) 1'57.841
1.115
3 765 ST-2 Kotori EVO.10 三菱ランサーエボリューションⅩ(CZ4A) 1'57.445
0.719
4 33 ST-1 TOM'S長門IS350 レクサスIS350(GSE21) 2'00.144
2.699
5 28 ST-3 RITSUKO RACING BOXSTER ポルシェボクスターS 1'59.683
2.238
6 38 ST-4 洗剤革命FKやよいシビック ホンダシビックSi(FD2) 2'02.924
5.479
7 36 ST-4 宝山トムスMOTULアルテッツァ トヨタアルテッツァRS200(SXE10) -
-

決勝

  • 第一部屋
Pos. Class Car Name Type Lap
Fastest
1 8 ST-1 Feena JZA80 トヨタスープラRZ(JZA80) 24
1'53.847
2 11 ST-1 Symantec 360 フェラーリ360モデナ 24
1'54.070
3 6 ST-2 VISTA IMPREZA スバルインプレッサSTI(GDB-F) 24
1'54.546
4 57 ST-4 KIRIN SONiQ RX-8 マツダRX-8(SE3P) 22
2'01.499
5 79 ST-3 YOME FD3S マツダRX-7(FD3S) 22
2'01.081
6 23 ST-3 Smoke Cheese 350GT 日産スカイライン350GT(CPV35) 22
2'00.279
7 74 ST-4 ×3 SPEED Ami DC5 ホンダインテグラType-R(DC5) 22
2'04.148
8 35 ST-4 Nora ZZT230 トヨタセリカSS-Ⅰ(ZZT230) 22
2'04.159
ファステストラップ:#8 Feena JZA80 1'53.847
ペナルティ:#8 Feena JZA80 ピットアウト時のホワイトラインカット
      #6 VISTA IMPREZA ピットアウト時のホワイトラインカット
      #79 YOME FD3S SCラン中の追い越し行為
  • 第二部屋
Pos. Class Car Name Type Lap
Fastest
1 90 ST-1 Raeder Motorsport Gallardo ランボルギーニガヤルド 24
1'55.972
2 29 ST-3 T.Project 守矢神社 S2000 ホンダS2000(AP1) 24
1'57.234
3 80 ST-3 Yukiho Z33 日産フェアレディZ(Z33) 24
1'57.176
4 85 ST-2 Ritsuko GDB スバルインプレッサSTI(GDB-F) 24
1'57.047
5 44 ST-2 黄薔薇のつぼみ・ランサーEVO Ⅹ 三菱ランサーエボリューションⅩ(CZ4A) 24
1'58.009
6 555 ST-4 KIRIN SONiQ RX-8 マツダRX-8(SE3P) 24
2'00.588
7 47 ST-4 765ワイワイワールドDC5 ホンダインテグラType-R(DC5) 23
2'02.585
ファステストラップ:#90 Raeder Motorsport Gallardo 1'55.972
ペナルティ:#80 Yukiho Z33 ピットレーン外カット
  • 第三部屋
Pos. Class Car Name Type Lap
Fastest
1 85 ST-2 Ritsuko GDB スバルインプレッサSTI(GDB-F) 24
1'56.133
2 373 ST-3 BANCHO Z33 日産フェアレディZ(Z33) 24
1'56.321
3 28 ST-3 RITSUKO RACING BOXSTER ポルシェボクスターS 24
1'57.607
4 33 ST-1 TOM'S長門IS350 レクサスIS350(GSE21) 24
1'56.104
5 765 ST-2 Kotori EVO.10 三菱ランサーエボリューションⅩ(CZ4A) 24
1'56.556
6 36 ST-4 宝山トムスMOTULアルテッツァ トヨタアルテッツァRS200(SXE10) 23
2'01.904
7 38 ST-4 洗剤革命FKやよいシビック ホンダシビックSi(FD2) 23
2'02.011
ファステストラップ:#90 TOM'S長門IS350 1'56.104

レポート

 第五戦ムジェロはシリーズの行方を左右する重要なラウンドとなった。
 予選トップタイムをマークしたのは、現在のシリーズリーダーである#8 Feena JZA80。しかしその直後に、母国グランプリであり現在2勝で#8を追う#11 Symantec 360が付ける。3位にはST-1勢と遜色ないタイムを叩き出した#6 VISTA IMPREZA。上位陣は混戦を予感させた。
 一方でST-3勢はタイムを出せず苦戦。#23 Smoke Cheese 350GTは4位に付けたものの、オーバーステア傾向でセッティングが決まらず。#79 YOME FD3Sも2分を切れず、6位に。ST-4で一台気を吐いた#57 KIRIN SONiQ RX-8が、ST-3勢に割って入る5番手のグリッドを獲得した。7位には#74 ×3 SPEED Ami DC5が、8位に#35 Nora ZZT230が僅差で付け、ST-4のFF勢対決も混戦模様。

 決勝は母国グランプリである#11 Symantec 360が#8 Feena JZA80をスタートから猛追。11コーナーで肉迫するも交わすまでには至らず、ストレートスピードで勝る#8はじりじりと#11との差を広げていく。それぞれ#8が10LAP目、#11が11LAP目に1度目のルーティンを済ますが、順位は入れ替わらず。
 追撃する#11に千載一遇のチャンスが訪れたのは15LAP目。#8がバックマーカーに捕まると、その差は一気に縮まるが、ここで#11は2度目のルーティンを済ませて、クリアラップを取り#8を追撃する作戦を取る。しかしこの作戦も功奏せず、#8は#11の前を走り続ける。僅か300m差。しかし永遠とも思われる300m差はフィニッシュまで埋まらず、#8は4勝目を決め、AUGUST Racingはシリーズチャンピオンに王手を掛けた。
 上位3台の争いはハイレベルを極め、3位となった#6 VISTA IMPREZAまで1分54秒台のファステストラップを叩き出す。他2部屋のST-1ファステストよりも1秒~2秒速いタイムで熾烈な争いを演じていた。

 ST-3勢は予選からタイムを出しあぐねていた。ファステスト2分を切れず、#23 Smoke Cheese 350GTはセッティングが決まらず踏めない状態。さらに不運は続き、"アラビアータ"コーナーで左リアをコース外に落としスピン。事故には至らなかったものの、総合6位に転落してしまう。#79 YOME FD3Sも、安全マージンを取りつつ安定した走りに徹するが、ラップダウンとなった際に#6とまたしても"アラビアータ"コーナーで絡み、スピン。接触は無かったものの、総合5位に順位を落とす。
 総合4位は#57 KIRIN SONiQ RX-8が獲得。トラブルを抱えたST-3勢と遜色ないタイムで周回し、規定ピット回数が1回少ない恩恵を最大限に生かし、大金星となった。
 ST-4のFF勢、#74 ×3 SPEED Ami DC5と#35 Nora ZZT230はスタートから24周の接近戦を続ける。ファステストは僅か0.01秒差。レコードラインを譲れない#74と、ラインを奪って前に出たい#35の戦いは、僅か200m差で#74が征し、総合7位に。#35は8位に終わった。


 次戦は鈴鹿。#8が優勝した場合、シリーズチャンピオンが決定する。

ギャラリー

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|