※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メリットポイント

メリットポイント戦における理想的なPT構成

狙うは火力と回転率の向上に被ダメージ削減。 及び安定した回復能力と補助能力、MP生成でしょうか。

前衛枠で言えば、戦忍モ暗竜侍でかつ空蝉の術が使えること。 上記のうちの前衛3名+白orコ・赤・吟で良い回転率になると言われています。

挑発係を最低でも2〜3名用意しよう

挑発係を最低2名以上用意しておくことで、寝かせキープしておいた敵が起きて釣り役へと向かってしまうことの防止、加えて起きて挑発役に向かってきてくれれば素早く手を出せるようになります。上記理想的なPT構成で言えば、「戦士と忍者」が空蝉と挑発の両方を備えているのでまずそこから1〜2枠埋まることになります。 忍は必ず1名欲しいところ。盾意識が強い人だと心強いです。

暗黒騎士の場合、スタンでヘイトを稼ぐこともできますが、空蝉の術のリキャストを稼ぐためのターゲットを取る挑発の代替としては少々役不足です。

サポジョブの使い分け

基本的にサポジョブは忍者や侍になります。

サポジョブ:忍者

WSでターゲットを取る事が多いメリットポイント稼ぎではスタンダードなサポジョブ。 特徴は、空蝉の術に尽きる。これのおかげで無闇にWSやアビリティを使ってターゲットを取っても被ダメージを大幅に削減できる。

サポジョブ:侍

サポ忍と同じように普通にWS即撃ちというスタイルでやっていると、敵対心が上がり過ぎて心眼+星眼での回避ができなくなる。結果的に被ダメージ量が増えてしまい後衛の負担になってしまうので気をつける事。 そこでサポ侍を使う時は、自分自身が高い火力をコントロールできる事と、暗黒騎士の自己回復能力を把握している後衛と固定でプレイできる条件が整っているのが理想的。

回避が高い敵にJA暗黒を積極的に使う

シーフマムージャ、からくり士トロールといった回避力が高い敵に使う。 利点としては戦闘時間の短縮によりチェーンが安定する事とJA暗黒の命中ボーナスにある。

頼れる白魔道士をいれよう

アトルガンエリアでのヒーラーは暇と言われています。 そこでJA暗黒です。意思疎通ができると安定なので、できれば身内系が良い。

野良であれば装備やサチコや実際の行動を見て上手なプレイヤーであれば、JA暗黒を使う。

コルセア